スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/48 T-4 その4 コクピット3

 23, 2015 02:51
ちょっと更新の間が空きましたが、作業が進んでる訳でもないのがこのブログの特徴でございますw




仕事で疲れてしまうと、なかなかやる気が起きないというか、作業机に向かうのに覚悟みたいなものが必要なんですよね。


一度座っていじり出せば、時間を忘れて作業したりする事もあるんですが・・・






まあ、なんだかんだと手は遅いながらも、多少は進めました。






今回はフィギュアのパイロットを中心に作業しました。




自分、フィギュアの塗装ほとんどした事ないんですよね。

前にタミヤのマーダー3作った時に初挑戦したぐらいしか記憶にないです。
その時の出来は散々でしたが。


うん、フィギュアに関してはほぼ素人同然です。


今回は顔を塗らなくていい分、まだマシかなw





で、分からない事だらけなので、とりあえず雑誌などを参考に塗って見ました。

T-4-28.jpg

T-4-29.jpg


画像は、まだ艶を抑える前なのでテカテカしてますが、自分なりにシャドウとハイライトは入れたつもりです(汗)


現在は、シャドウとハイライト部分を若干ぼかして、つや消し吹いたので、実際はもう少し落ち着いた感じになってます。







早速このパイロットをシートに装着しました。

T-4-30.jpg

T-4-31.jpg

マスクホースをパイロットと機体に位置に合わせて形状変更したり延長したりしつつ、エッチングのシートベルトを取り付けて見ました。

マスクホースはパイロットの右胸あたりのハーネスに一度固定されるので、そちらに向けて形状変更したのですが、ホースの長さがキットのままじゃ足りないので、ちょっと太めの電線の芯を利用して延長しました。
ただ、マスクホースの蛇腹モールドは流石に自分では再現不可能なので、塗装でそれっぽく書き込みました。





あと、エッチングのシートベルト。


これが意外に難物で、パイロットに合わせての形状変更するのですが、どうしても浮き上がりやズレが出てしまい非常に苦労しました。
ちょっと思ったのですが、シートベルトなどの軟質の部分はエッチングは使わない方が良い気がしてきました。


今回は有る物は使うの方針でせっかく買ったエッチングパーツを使いましたが、なんでもかんでもエッチングを使えばいいと言う訳ではないと思います。

特にベルト類は、こんなに苦労するぐらいなら別の素材から自作した方がマシだと思いました。エッチングで使うなら金具の部分ぐらいかな・・・・?


次に何か作る時は、この辺は押さえて行こうかと思います。






えー

余談ですが、今回の見えないコダワリは実はココですw

T-4-32.jpg

座席から脚に向かって青い線が見えますでしょうか?

これは脱出の際、脚を強制的にシート側に引き込む為に付いてまして、要は脚を計器盤に引きちぎられるのを防ぐ機構であります。


もしかしたら上から覗き込んだら少しは見えるかもしれないのかもしれない事もないのかもしれない(謎)との思いで一応作って見ましたが・・・・

ええ。

全く見えませんでした(爆)

・・・

・・・・いいんです。

これも究極の自己満足目指してやってるだけですから・・・・






T-4-33.jpg

パイロットに色が乗るとそろそろシートも固定できそうですね。

ただ後席のパイロットの固定は正直まだ迷ってます。

まだベルト類も付いてません。


それは、パイロットの左手がコクピットシルにてを掛けているようにしたからで、塗り分けの問題が出てしまうからです。



ちょっと分かりづらいので、コクピットを組み込んでみましょう。

T-4-34.jpg

この状態だと機体を塗る時、問題ですよね。

でも、組み込んでからだとベルト類を取り付けるのが難しいし・・・

どうするのが一番良いか、もう少し考えてから後席は作業します。



今回はここまで。





出来れば次か、その次ぐらいで、コクピット作業は一度区切りを付けて機体へ移って行きたい所です。




そろそろ細々したことから解放されたい・・・w





引き続きミクロの世界へ行ってきます~




では~




にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

COMMENT - 6

Mon
2015.11.23
17:26

10ku1 (tokuwan) #-

URL

こんばんは。
プラモ作業って、意外と踏ん切り付かないとなかなか手を付けられない…
という事が多々ありますよね。 自分も作業机がまっさらなキレイな状態に
して、準備万端!という状態にしないとスイッチはいらないです。
ただ、一度、スイッチはいればガ――――!ってなるんですけどねぇ…。

T-4の方は見えないオシャレが何ともいいですね♪
見えない下着こそ、一番オシャレに気を遣うべき…と昔誰かが言ってたのを
何故か思い出しましたwww

Edit | Reply | 
Mon
2015.11.23
23:01

へな #-

URL

一度作業に向かってしまえば・・・、激しく同意w

ネットを彷徨っていると年に数回あるかなしかのゾクゾク画像、
コクピットにていただきました!!
最近模型に求めるのがこのゾクゾクなのかも?!

Edit | Reply | 
Tue
2015.11.24
20:19

omega.11 #-

URL

>tokuwanさん

机がまっさらな状態からのスタート・・・・・ここ数年そういう記憶がないです(汗)
自分の机は常にカオス・・
だから、なかなかやる気がでないのでしょうかね?w

見えない所は自己満足ですwまあ、自分のやりたい事やってるだけなんですよねw

Edit | Reply | 
Tue
2015.11.24
20:24

omega.11 #-

URL

>へなさん

机に向かうまでが勝負みたいな、みんな似たような感覚なんですね~

こういった航空機モデルはディティールを詰め込める場所が限られてますから、だからこそ、ここまでやってしまうんでしょうね。
さあ、へなさんもこのミクロな世界へw

Edit | Reply | 
Tue
2015.12.01
13:05

兄さん #-

URL

だいぶ進んでるね~?!
今回のステルスディテール(爆)も素敵!
いいんです!
見えるとか見えないとか、そんなこたぁ、どうでもよくて、作りたいから作る!
その侍のような魂が、鋼の模型魂をはぐくむのである!
(人は、それを自慰といいますが、、、、笑)
つうか、かっちょいいわぁ~!
後部座席の人、困りましたね~??!
つうか、腕のかかる部分だけでも機体の下地を少し塗装しておいて、、、、
手首から先の「拳」の部分を切り離して、出来るだけ単純なマスキングの形にするのはどうすかねぇ?!
(ちょいと、めんどいですが、、、)
でも、袖の切れ目がある分、拳の後付は、目立たないような気がするんですが?
え?
そんな簡単な話じゃない?!>ですよねぇ~!!笑
引き続き楽しみにしてますね~!

Edit | Reply | 
Tue
2015.12.01
21:27

omega.11 #-

URL

>兄さん

塗装のご意見ありがとうございます。
自分も先に手のかかる部分だけ先塗りするしかあるまいと覚悟を決めていた所であります。兄さんの後押し?のおかげで自信持ってその形式で行けるかと思います。

他にもインテイク内の合わせ目消しとか悩める部分が一杯です。
でも、最近はこの悩む時間すら楽しんでるような気がします。
見えない小さな部分ばかりにこだわって、なかなか進んでるように見えませんが、自分では結構作業してる方なので、気長に見てやってください(汗)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。