スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクッとモデリング B737-200

 25, 2013 23:55
VF-0を作り上げ、そのあと06Rを速攻で仕上げた後、次は戦車(マーダー3)でも・・・と手を付け始めました。

戦車なら組んだあと塗れるし、塗装もそこまで気を使わなくていいし、ウェザリングでどうとでもなるや~、と、お気楽に考えていたのですが、マーダー3ってオープントップの自走砲じゃん・・・
これじゃ、組んだあとにお気楽塗装とはいかないですよね~(汗)

オープントップで戦闘室も見えるという事は、それなりにキチンとやらないといけないわけでして(幸いタミヤのキットは戦闘室もちゃんと再現されてるようです)、あまり手が抜けず、普通のキットと同じぐらい手間がかかりそうです。





そんな時、積みの中から、ふと横目に入ったのがこのキット。

b737-200-1.jpg

ハセガワのB737-200です。

「そうだ、たまにはカーモデルとは言わないまでも綺麗系の塗りを勉強しよう」と思い立ち、作ろうと思ったわけです。

更に、このキットにはちょっとした思い入れもあって先に作る事にしました。

このキット、自分が沖縄から転出する時に、家族ぐるみで交友のあった実際のJTAのパイロットで、自治会会長でもあった方から頂いたキットなのです。

B737-200は、今現在、国内で見かける事はまずないと思いますが、自分が那覇に勤務してたころは、まだ数便見かけることがありました。(今じゃ、ほとんどB737-400や500、800になってますね。)

話はちょっと逸れましたが、その沖縄でお世話になった方に頂いたキットを、きちんと完成させて、その方へ送り返したいと思いまして。




まあ、そんなわけでして、突然ですが、B737-200制作開始ですw


今回のお題は、綺麗な塗装ですので、キットは特にいじる事なくストレートに組みました。

つか、1/200スケールでどういじれと!w


このキット自体は非常に古いもの(デカールには95年製と。金型はもっと古いかも?)ですが、現在販売されているB737に比べて、凸ながらもモールドが施されており(現在のは機体はノッペリでモールドがウィングしかない)しかも、コクピットウィンドがクリアーパーツ(これも現在のキットはデカールによる再現)になってます。


はっきり言って、現在のキットより出来はいいのでは?と思います。

現行型のキットは1/200と割り切って、ディスプレイモデルとしてクリアの研ぎ出しとかしやすいようにわざとモールドとかなくしたんですかね・・・

でも、モールドやクリアーウィンドウ付きで当時のこのキットは500円、現行型は、デカールはいい感じですが、何にもモールドがなく、ウィンドウもデカール再現で2000円・・・なんなんだかなぁ~

おそらく、今回作るキットは絶版だと思いますので、今後B7シリーズを作りたいと思う方がいれば、この古いバージョンのキットをどこかで見かけたら即買いかもしれません。


で、工作は普通に組んで合わせ目の処理をしただけです。
組立の際の注意点は、凸モールドなので、合わせ目処理は非常に気を使ったぐらいですかねw


で、さっそく塗装開始。


b737-200-2.jpg b737-200-3.jpg

本当はボディ色を上下で塗り分け、ウイングも塗り分ければ塗装完了なのですが、画像から分かるようにボディ前方にグレーとレッドのラインが入ってるでしょ?

ここ、本当はデカールなんですよ・・・でもね・・・

やはり古いキットだけあってデカールの劣化はいかんともし難く、悩んだ挙句、文字や複雑なもの以外は塗り分けで再現する事にしました。






んで、とりあえず塗り分け完了の状態がこれです。



b737-200-4.jpg b737-200-5.jpg

垂直尾翼のラインが結構苦労しました。1mm以下のラインマスキングなんて、なんてマゾい!www


ぶっちゃけ、これで本体の塗装は完了です。


このあと、デカール貼って、クリアー吹いて、研ぎ出しして、とやるのですが、その前に・・・





この黄ばんだデカール、どないしよ・・・

b737-200-6.jpg

諦めてこのまま貼る前に、太陽の下に数時間おいておくと、この黄ばみが目立たなくなるという都市伝説的な情報もあるので、それ試してからにしてみます(汗)



え、明日から雨?




・・・・・・オワタ



また作業が中断しそうな予感・・・





まあ、なるようになるでしょうw






今回はこれにてw




では~~~





にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

COMMENT - 10

Tue
2013.02.26
20:09

左京 #-

URL

直線の塗装は…

 お久しぶりです。頑張っておりますな~。ワタクシは、戦車で四苦八苦しております。

 もう終わっちゃったようですが、直線部分のマスキングは細切りマスキングテープを使えば意外と簡単にできますよ。
 まず色を塗りたいところに、塗りたい幅のマスキングテープを貼って、それの上下(?)にぴったり合わせて別のマスキングテープを貼ります。で、一番はじめに貼ったマスキングテープを剥ぐと、綺麗な均一幅の直線が出来上がります。
 0.3mmとかの直線すら簡単に描けますし、意外といろんなところに応用が利くので、活用してみてください。

 あと、黄ばんだデカールを白くするには、ハイターなどの漂白剤に付けると白くなるそうです。そのことを検証したHPを知っていますので、メールでURLを送っておきます。

 ということで、今から38(t)の改造にもどります。では。

Edit | Reply | 
Tue
2013.02.26
20:39

omega.11 #-

URL

No title

>左京さん

もちろん、そのマスキングテープの事は知ってますよ。
それを使えば楽が出来る事も分かります。
しかし、それを入手するのが手間だったので今回はあえてこの方法を取りました。自分的にはまずますの出来だとは思ってるのですが、いかがですか?
まずは、やれる事を苦労してやれば、便利な道具が出た時のありがたみも分かるし、その使い方もより効果的にできるという思いもあります。

デカールの黄ばみ落としのHPは大変参考になりました。
漂白剤を使う方法は結構リスクが高そうですね。何度かいらないデカールで練習してからやってみようかと思います。
太陽の下に干す方法も、検証で効果があったのは驚きでした。都市伝説じゃなかったんですね。まずは、リスクの低そうなこちらから試してみようと思います。

良い情報ありがとうございました。

Edit | Reply | 
Tue
2013.02.26
22:13

へな #-

URL

No title

500円でこのスタイルに別パーツの窓が付いてこの価格ですか?!
ステキな思いでもあるようですし、
値段からは計り知れない良キットのようですね~。

ほんと都市伝説みたいな話ですが効果があるとは2度ビックリ!

Edit | Reply | 
Wed
2013.02.27
04:33

ピカ #-

URL

速い、速すぎるよ、ママン。
何だか素晴らしいキットのようですね。
それにしても、デカールに泣かされていますね。
都市伝説、結果が楽しみです。

Edit | Reply | 
Wed
2013.02.27
19:23

omega.11 #-

URL

No title

>へなさん

昔は良かった・・・・
最近のキットは内容が昔とそれほど変わらなくても、値段だけ異常に高くなってる物が多い気がします。(タミヤのMMシリーズとか)
模型店の奥で埃かぶってるようなキット、特にスケールモデルは昔も今も出来はそれほど変わってないので、案外古いキットはお得なのかもしれませんね。

Edit | Reply | 
Wed
2013.02.27
19:26

omega.11 #-

URL

No title

>ピカさん

いや~、特に弄ったりもしてないし、パーツ数もランナー1枚ほどですから、ほとんどの時間を塗装に費やしてました。
ほんと昔のキット侮りがたし。
デカールは前回からずっと泣かされぱなしですね;;なにかの呪いでしょうか?w

Edit | Reply | 
Thu
2013.02.28
02:30

tee-i #-

URL

No title

こんばんは。
デカールにライン。タイムリーな記事で非常に勉強になります。
デカール貼りたいキットは古きよきキットが多いようにも思えてくるほど。
遅ればせながら黒三、バルキリー完成お疲れ様です。

バルキリー、本職さんならではのマニアックなディテールアップ、いろいろな角度からに全体であったり細部であったり見所を持ってくるところ。また何を作っているのかが明確で真のデイテールアップ(現存するものを取り入れての)というところに感銘を受けます。
黒三もプリンやモモ裏のプロペラント説などハウトゥビルドガンダム的な匂いもあり、現代版とまた違ったアプローチも共感する方も多いと思いました。
バイタリテイもすごいです。

Edit | Reply | 
Thu
2013.02.28
19:55

左京 #-

URL

無ければ自分で作るべし

>自分的にはまずますの出来だとは思ってるのですが、いかがですか?

良くできていると思います。グッジョブです。

マスキングテープは、自分で作ればよろしいかと。

「そんな細いモン、作れるかぁ!!」

と言われるならば、デカールをコピーして幅広のマスキングテープの上に貼り付けて、コピーをガイドに切り抜けば、直線だけでなく、曲線も思いのままです。

ところで、デカールの状況を見るに、余白をぎりぎりまで切り抜いて使う、って手は使えませんか?
それか、いっそのこと自作してみるとか。
さぁ、ワタシのために人身御供となってくだされ~~w

Edit | Reply | 
Thu
2013.02.28
21:16

omega.11 #-

URL

No title

>tee-iさん

VF-0や06Rの感想ありがとうございます。
飛行機モデルはガンプラのように、全体の改修というのが行いにくいですから、どうしても細部で魅せるという方式になってしまい今回のようなディテールUP改修となりました。
06Rも懐かしのモナカを利用したので、懐かしい気分を味わいながら作業してました。
tee-iさんも、あのモナカキット、あそこまで改修されるとは・・・(汗)

Edit | Reply | 
Thu
2013.02.28
21:20

omega.11 #-

URL

No title

>左京さん

ありがとうございます。
そう言ってもらえると、自信が持てますね。

デカールの自作の件ですが・・・人身御供か・・・

「だが断る!」

デカールは一部だけ利用で決定しました。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。