スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VF-0D 完成

 19, 2013 13:10
非常に引っ張って、すみません。


先ほど撮影終わりました。


本当は太陽光で撮りたかったのですが、天候が悪い日が続いてるので諦めて部屋撮りしました。



また自然光の下で撮影する機会があれば、その時公開しますね。





では、おまたせしました(だれも待ってない!?)


VF-0D公開です。



vf0d-90 - コピー (2)


「VF-0 フェニックス」は近年その存在が明らかになった謎の多い機体である。

1999年ASS-1(後のSDF-1マクロス)が南アタリア島に落下、異星人の存在が明らかになった。
未知なる異星人の脅威に対抗するため、またはASS-1よりもたらされたオーバーテクノロジーの独占による利権の確保、はたまたASS-1落下の衝撃による天候変動による食糧危機など多様な状況が世界を統合戦争へと導いていった。

熾烈な戦闘が続けられる中、戦場にはASS-1よりもたらされたオーバーテクノロジーを用いた兵器が用いられ、実戦を得ることで驚くべき速度で進化していった。

その進化の先には未知なる異星人との交戦の可能性に備えての全領域汎用機動兵器の開発という目的が統合政府、反統合政府どちらにも共通していた。

vf0d-88.jpg vf0d-93.jpg


可変戦闘機VF-0は本来VF-1バルキリーの実証試作機に過ぎなかった。
膨大な数のオーバーテクノロジーと地球技術との融合したパーツを用い、それこそ手探りでの開発を行っていたのである。その中でも、特に困難を極めたのが核融合エンジンであった。

このような開発形態であるから、当然VF-0は量産を前提としていなかったし、その製造コストも非常に高価なものであった。

統合政府としては、VF-0で徹底した検証、実験を行い、核融合エンジンの完成を待ってVF-1として世に送り出すつもりでいたのだ。

vf0d-89.jpg vf0d-92.jpg



しかし、状況は一変する。


反統合軍が実用可変戦闘機SV-51を投入する。
統合軍側のF-14++(これもオーバーテクノロジーにより改修されている)などに代表される従来型航空機では、まったく対抗できなかった。

そこで急遽、試作機でしかないVF-0に武装を施し、試験的に実戦部隊を編制する事になった。
VF-0は生産もままならない上、世界規模で展開するほどの数も揃えられなかったがSV-51にしても同様で、両機とも重要拠点、要地などの争奪戦など局地戦において活躍した。

vf0d-91.jpg vf0d-97.jpg



VF-0は核融合エンジンの搭載が間に合わず、従来型のジェットエンジンにおいて飛行する。
ただ、ジェットエンジンにて所要のパワーを引き出すにはエンジンのチューンが必要で、その代償として非常に燃料の消費が激しくなってしまった。
VF-0の航続距離は従来の戦闘機にも及ばない、2000km程度と言われている。

vf0d-95.jpg vf0d-96.jpg

実験機の段階で実戦に投入したせいもあるだろうがVF-0の稼働率は非常に低く、常時50%ほどであったとされる。
実戦で運用しつつ改修を進めるような形でもあった為、その仕様は各機別に違っており、あるパーツはこの機体でないと取り付けられないと言った、専用装備化の状態であった。
初の可変戦闘機ということもあり、機体への負荷も未知数な部分があり、1戦闘ごとに機体のオーバーホールに近い作業が発生するというのも、稼働率低下の一要因であった事は違いない。

vf0d-100.jpg vf0d-104.jpg vf0d-102.jpg

vf0d-103.jpg

VF-0は統合戦争終盤で核融合エンジンが搭載され、数機が実戦に参加している。
だが、ほとんどのVF-0には搭載されず、その後VF-1へと機種更新されていった。

VF-0は運用期間が非常に短い短命の機体ではあったが、可変戦闘機の運用、開発に残した功績は大きく、後のバルキリーシリーズを語る上で、外せない存在として有り続けるのである。

vf0d-99.jpg



VF-0Dはデルタ翼を採用したことにより、航続距離がやや伸びている。(400km程度だが)ただ、コンフォーマルパックは装備できないが、翼の構造上多数の兵装を施すことができ、他のVF-0に比べて実に3倍近くの重量の兵器を運用できた。

しかし、VF-0Dの本来の目的は、複座を生かした前線指揮管制、無人機(ゴーストQF-2200D)の集中運用、管制であり、単機で多様な任務に対応できる機体であった。

vf0d-98.jpg vf0d-87.jpg








と、相当なウンチクを垂れ流してダラダラと解説しましたが、みんな知ってるような事も多いので、適当に流してくださいw


久々の航空機?のキットは楽しかったです。

一応、凝る所は凝ったのですが、これも現実には存在しない航空機であって、そこを現実の航空機に照らし合わせて作って見たものですから、なんとか完成にこぎつけられたというのもあるかもしれません。

これがF-4やF-15だったら・・・まだまだ手を入れて、塗装もコレジャナイ的な感じで何度もやり直す羽目になるかも・・・ブルブル・・・



えー、これにてVF-0の機体自体は完成です。

しかしながら、これ7月の展示会へ出す事になりそうです(汗)

よって、今後はなにかベースを作って行こうかと思います。

ジオラマとは行きませんが、なんとなくビネット風に作れればな~と構想中です。


そのうち完全版として掲載できればと思ってます。




今作品も、お付き合いありがとうでした。






では~~~





にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

COMMENT - 9

Tue
2013.02.19
14:29

akki- #-

URL

No title

まずは、VF-0D完成おめでとうございます!
青くないVF-0Dも新鮮な感じがして良いですね。
単体でも素晴らしい出来なので、ビネット、できればジオラマまで
広げてもらえるともっと素晴らしい物になりそうですね。
自分では、とてもそこまでは、スキルやモチベーションが持たないので他力本願なコメントですが、引き続き頑張って下さい!

Edit | Reply | 
Tue
2013.02.19
22:08

へな #-

URL

No title

待ってました!完成おめでとうございます!
各部の作りこみ凄いですね~。
全体が作りこまれているので浮いて目立った所がないって凄いですね。
これが本当の纏まりなんでしょうね。
これにジオラマとなると期待しちゃいます。
ただボードに載ってるだけじゃ勿体ないですもん!!

Edit | Reply | 
Tue
2013.02.19
22:33

omega.11 #-

URL

No title

>akkiさん

ありがとうございます。
機体色は設定通り青でもよかったのですが、より実戦的なグレーの迷彩としました。
現用機らしさが出て、よかったと思います。
この周りに何か配置して、シーンが伝わるような情景にしたいですね。

Edit | Reply | 
Tue
2013.02.19
22:37

omega.11 #-

URL

No title

>へなさん

お待たせしました。やっと公開できました。
ハセガワのキットはモールドとかすでに細かく施されているので、その分、そのモールドに負けないよう見えにくい所やコマゴマした所に力を入れることができました。
全体として浮いた所がないと感じてもらえてうれしいです。
ジオラマはそんな凝った事をする予定はないのですが、何かの1シーンのような物を作れればいいなと考えてます。

Edit | Reply | 
Wed
2013.02.20
04:24

ピカ #-

URL

完成おめでとうございます!
流石の作り込みに脱帽です。
写真も綺麗ですね。
ビネットも楽しみにしてます。
製作お疲れ様でした!

Edit | Reply | 
Wed
2013.02.20
13:53

omega.11 #-

URL

No title

>ピカさん

ありがとうございます。
今回は全体を作り込むというより、要所を作り込むといった形になりましたが、全体的に調和が取れてよかったです。
写真も自分的には自然光で撮りたかったので、いまいち納得してなかったのですが、ピカさんに綺麗と言われてホッとしてます。
ジオラマというかビネットについては、7月ぐらいまでにボチボチやります。

Edit | Reply | 
Fri
2013.02.22
09:55

零式 #-

URL

完成ですね

零式的感覚なんですが 航空機はこういった実戦的な
グレーの方がしっくりきて かつ 高速で飛ぶ感じを思わせます。

的はずれなコメントかもしれませんが
バックショットが語りかけてくるようで好きです!
うまいこと文字に出来ませんが
制作過程から
あ!これ!! とか こまか~!とかいいながら
勉強させていただきました。

ディテには一手間二手間をかけていくことなんだな~と
おもいました

毎回更新楽しみにしてます 次回作も
頑張ってください!
繰り返し見ていきます。 

Edit | Reply | 
Fri
2013.02.22
13:50

omega.11 #-

URL

No title

>零式さん

そうですよね。グレーの方が実戦的ですよね。

今回は全般的にはディテ等いれてないのですが(ハセガワ製はモールドが最初からこれでもかと入ってるし)部分部分で効果的にディテを入れる事によって、作品を引き締める事が出来たと思います。

次も頑張ります~

Edit | Reply | 
Thu
2017.05.25
23:57

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。