スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VF-0D ウイングなど

 20, 2013 20:50
寒い日が続いてますね。

これだけ寒いと部屋で窓開けての塗装作業は、まさに苦行としか言えない様相です。

でも、作成にかける熱い情熱でこんな寒さなんか吹き飛ばしてやr・・・(無理




さて、先週は夜勤でしたので、まだそれほど寒くない昼間に塗装作業ができましたw

ウイング周りの塗装がメインでしたが、そのた細々した物も含めて、基本塗装はほぼ終わった感じです。

塗装は、パネルラインに黒を吹いた後に、機体色をややムラが出るような感じで、下に吹いた黒をつぶさない程度の薄さで吹きました。

塗装については全般こんな感じなので、合わせて工作の記事を中心にお送りします。




では、さっそく







まずはカナードから

vf0d-67.jpg

カナード翼を付け根から切り取り、真鍮線で軸を打ちました。

この軸を中心にカナードに動きを付けます。

このままでも可動させる事が出来ますが、今回は可動は目的としてないので角度を決めた後、固定します。

真鍮線は単なる軸打ちによる補強のためです。









次に前縁フラップです。

以前に主翼から切り取って置いたものですが、ここのアンチコリジョン灯(衝突防止灯)が塗装で表現するようになっていたので、切欠いてクリアパーツを埋めることにしました。

vf0d-68.jpg

合わせて、このライト部の形状を普通のVF-0A型と同じにして、不用品のA型のクリアパーツを取り付けられます。(なぜか、D型だけクリアパーツ化してない・・・)










お次は、後縁フラップです。

ここも一度取り外して、フラップダウン状態にしました。

vf0d-69.jpg

ダウンさせる事により、フラップとウイングの隙間ができるので、そこにフラップのヒンジを真鍮線を1mmぐらいの長さにして再現してみました。
フラップの取り付けヒンジが画像でみえるかな~~?(汗)


もちろん、前縁のフラップもダウン状態で取り付けましたよ~w

vf0d-70.jpg

ここも上面のフラップとウイングの間に隙間ができるので、1mm丸棒を突っ込んで軽く整形、それらしくして隙間を埋めてます。









ここで、ちょっとウイングから離れて、ほとんど手つかずだった前脚でも。

基本キットのままです。

vf0d-71.jpg

ですが、そのままだとあまりにも寂しいので、ステアリング機構用のラインを2本、銅線で作りました。

これだけでも、だいぶ効果的だと思ってます。


ああ、あと画像はないけどギア周りもほとんどギア・ドアが取りつきました。








ここで塗装の話ですが、今回はいろいろと試してみました。

まずは、パネルライン。

普通は、パネルラインにスミ入れして終わるのですが、今回はもうひと手間かけてみました。

vf0d-72.jpg

よく航空機を作ってる方には定番だとは思いますが、パネルラインの周りの塗装の補修後や汚れを再現してみました。(飛行機モデラーのサイトで見かけた手法です。)

画像右上のウイングが塗装してスミ入れしたもので、中央のウイングがその表現塗装を施したものです。

分かりずらい表現ですが、違いが分かりますでしょうか^^;



パネルラインにマスキングゾルを細く塗って、上からスモークを希釈したものを薄く吹きました。

最後にマスキングゾルをペリッと剥がすとこんな感じになります。

自分も初めてこの手法を試して見たのですが、それなりの使い込み感がでたと思います。(飛行機モデラーの方はよくご存じの方法ですよね?)



これ、まだウイング1枚で実験的やって見ただけですので、今後の作業はこれを全面に施していく事ですかね・・・

胴体とかモールド多いので、考えただけでちょっとゲソッ・・・





もう一つの挑戦は、ノズルの金属表現と焼け。

ここも基本は黒立ち上げで隙間に余白が出来ない様にして金属色を何色か吹き、最後にクリアーオレンジとクリアーブルーをそれっぽく吹いてみました。

vf0d-74.jpg


初めてにしてはこんな物かなという事で、これでいっちゃいます。










さてさて・・・


本体の方は、パネルラインの処理のあとデカール作業へと移って行く予定ですが、ためしに一枚貼って見ました。

しかし、10分水に漬けてもデカールが浮いてこない・・・



どうやら、デカールが劣化というか台紙に張り付いているようです。


幸い15分ほどしたら、デカールが滑るようになってきたので、まだ使えるとは思うのですが・・・



先が思いやられそうです(汗)







では~~~





にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村










スポンサーサイト

COMMENT - 10

Sun
2013.01.20
23:14

Jonipon #-

URL

No title

塗装、汚れ具合がいいッスね~!
使い込まれた感が実によく伝わってきます。

>パネルラインにマスキングゾルを細く塗って、上からスモークを希釈したものを薄く吹きました。

これは飛行機モデラーさんなら定番なんですか?
イマイチ意味がよくわからなかったのですが・・・
(ニブい頭でスイマセン・・・^^;)

マスキングゾルは最後に剥ぐんですよね??

Edit | Reply | 
Mon
2013.01.21
19:13

omega.11 #-

URL

No title

>Joniponさん

塗装の評価ありがとうです。

この塗装方法は飛行機モデラーなら誰もがやってると言うわけではないのですが、雑誌やリアル志向のモデラーさんがやってた記事を見つけたので、自分もそれを真似て初めてやって見ました。
パネルラインの付近に薄黒く汚れが乗ったような感じになってるのが分かるでしょうか?(汗)
説明不足というか言葉が足らなかったですね・・・(反省

マスキングゾルは、もちろん最後に剥がしますよ~

偉そうに書いてしまいましたが、もちろん自分もこんな事するの初めてだったので、内心失敗しないかドキドキでした。

Edit | Reply | 
Mon
2013.01.21
20:20

へな #-

URL

No title

極めに入ってますね!
この造り込み具合はハンパないっすね。
1/144のガンプラのコクピットの作りこみで度肝を抜かれましたが、
この作業ってもっと細かいんじゃないですか?!
ん~、皆さんストイックですね!!

Edit | Reply | 
Tue
2013.01.22
19:07

omega.11 #-

URL

No title

>へなさん

作り込みで細かい作業をしたわけではないのですが、パネルラインに沿って細吹きしなくちゃならないので、けっこう手がプルプルしちゃいました。
細かい作業は大好きですが、細かい塗装はまだ難しいですね。

Edit | Reply | 
Wed
2013.01.23
11:05

akki- #-

URL

はじめまして!

はじめまして。
いつも繊細な工作の数々に感心してばかりです。
前職で、航空機の補修塗装をした事もあるので、なんか懐かしくてコメントしちゃいました。
我が家にも積んであるVF-0系のキットの製作時には、色々と参考にさせていただきます。

Edit | Reply | 
Wed
2013.01.23
21:05

omega.11 #-

URL

No title

>akkiさん

はじめまして。
チマチマとした工作が好きなだけで、実は精度とかあまりなく雑な工作になってたりします^^;
航空機の補修塗装をやっておられたという事でしたら、今回の記事はまさにストライクでしたね。職人の目で見られると突っ込みどころ満載でしょうが、そこは生暖かい目でみてください(滝汗)

akkiさんのVF-0を作る時、自分の作品で良ければ参考にしてみてください。

Edit | Reply | 
Thu
2013.01.24
00:38

左京 #-

URL

No title

 お久しぶりです。左京です。

 送った年賀状が帰ってきました。どうやら前の住所に送っていた模様。申し訳ない。

 デカールですが、この時期、水温の低下ではがれにくいということがあります。ぬるま湯でやると簡単にはがれるようになるので、試してみてください。
 ハセのデカールだったら、台紙に張り付いてはがれないと言うことはまずないと思いますよ。

Edit | Reply | 
Thu
2013.01.24
10:56

akki- #-

URL

正にドストライクでした!

おっしゃるとおり、今回の記事は正にドストライクでした!
実機の補修塗装も見た目には本当にこんな感じですよ!
とにかく再塗装部分は最小限にしろってのが上からの指示で
まぁ大変でしたが本当に楽しい職場でした。

震電2も途中で製作が止まってるので落ち着いたら製作再開したいです!

それでは また、おじゃましますね!

Edit | Reply | 
Thu
2013.01.24
22:10

omega.11 #-

URL

No title

>左京さん

年数のたったデカールはこうなりやすいと聞いていたのですが、なるほど、ぬるま湯ですね。
ちょっと試して見ます。
焦ってデカールを破かないように、ただいま慎重に作業中です。

Edit | Reply | 
Thu
2013.01.24
22:15

omega.11 #-

URL

No title

>akkiさん

やっぱり、予算やら契約などと言った大人の事情があって、どうしても最小限でやらねばならない事がありますもんね。
でも、あとは運用の現場でうまくやってます。タッチアップ用の塗料もそれなりに確保してますし。
でも、プラモならそんなに気にせずに納得いくまで塗装ができますねw

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。