スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新規ジャンルに挑戦!

 25, 2012 14:17
みなさま、メリークリスマス!


仕事など忙しく、なかなかプラモの時間が取れませんでしたが、このクリスマスで一通りのイベントは終了し、やっとまとまった時間が取れるようになりました。

まったく・・・忙しい仕事も終わり、やっと休暇に入ったと思ったら、保育園の建て替え終了に伴う引っ越しとか、学校の掃除とかとか・・・・(親も大変ですわ)




んで、いつもみんなが集まる、定年された大先輩が開業した西都市の模型店「kitty hawk」に行ってみました。

理由は模型の展示会なのですが、(机二つ分の小さな模型展ですよ)そこに例の陸ガンを長男の作ったLBXブルドと共に展示しに行きました。

大人は参考出品ですが、子供の作った物は賞が出るそうですよ~。(子供がメインの展示会ですねw)



年明けまでやってるそうなので、近所の方はぜひ見に行って見てください。(場所は西都市のPAO1階にある↑で紹介した模型店前です~)



自分的には、小学2年生の作ったM4シャーマンの出来がすごくて・・・これで大人になったらオジサンは小便ちびりそうですね(汗)


そのうち写真でもアップします~





さて、宣伝はこれぐらいにして、今回はVF-0の話ではありません。


その模型店で好き者(失礼)が集まって半日ほど模型談義をしてました。


みなさんジャンルの違う方ばかりだったのですがフレンドリーな方ばかりで、色んな模型の話を聞くことができました。


その中に職場の知り合いでもあるカーモデラーの方がいるのですが、カーモデルの奥深さがしみじみと・・・

カーモデルは、ガンプラのようにあまり大きな改造と言うのはないですよね。

その分、仕上がりの美しさや細かい部分の再現度、特に塗装においての神経の研ぎ澄まされるような作業を聞き、自分は卒倒しそうになりました。

いや、他のジャンルの模型の大変さは知ってるつもりでした。

でもあくまで「つもり」だったんですよね。

それを生で聞いて、その作品を見た時、自分の知識やスキル、手法のがいかに貧弱であるか思い知らされました。


ちなみにその方が、気分転換に作ったガンプラを見せてもらったのですが、「美しい・・・」

なんと言いますか、特に改造もしてないのですよ。

ちょっとスジ彫りでディテールを足して、デカールを貼っただけのものなのですが、恐ろしいほどの存在感がありました。

なぜだろう・・・?

その答えは簡単でした。



基本です。



基本がキッチリ出来てるんです。

エッジの出し方、塗装面の塗り分けや繊細さ、そのすべてがハイレベルで出来てるんですよね。



急に自分の作品が雑で稚拙な一品に見えて窄んでしまう錯覚(いや、現実か?)に陥りました。



やはり基本は大事だと、分かっていたつもりで分かってなかった・・・


自分はまだまだです・・・




しばらくは改造は控え目にして、もう一度基本を学ぶべきかもですね(滝汗)



今回特に為になったのは塗装の手法。

いろいろなモデラーさんがいるものですから、その塗装方法は非常に千差万別。

自分は、自分のジャンルの事しか知らないんだな~とちょっと恥ずかしくもなりました。




やはり、引き出しは多い方がいい!


自分のスキルアップのためには色々なジャンルを作るべきですね。

その上でまたキャラクターモデルに戻って来れば、そのノウハウを生かす事もできますし。



と、言うわけで、ちょっとスケールモデルをいろいろやって見ようかと。



みなさんの話の中で、特に興味を引いたのが戦車模型でした。

カーモデルもいいのですが、そっちに走ると自分の手持ちの機材や塗料などではちょっと厳しそうなのと、飛行機は現在すでにVF-0(これもキャラクターモデルではあるが、その手法は他の飛行機モデルと違いはそうないので)をやってますので、今回はあえて戦車です。


昨今、ガルパンというアニメが流行ってるようなのですが、その流れに乗って「貴様もか」と思われるのは心外ですが、たまたま、この時期に戦車に惹かれた自分がいたと言うだけですw


自分の作る模型に萌えはない!キリッ

あるのはオヤジ臭だけ・・・





で、さっそく戦車のプラモを一つ購入。

mardea3-1.jpg

対戦車自走砲。マーダーⅢです。

自分、実はこう見えてもドイツの戦車はそれなりに好きでして、それなりの車両の種類を知ってたりします。(大戦略にハマってた時期が・・・)
もちろん知識的には、その筋の濃い人達の足元にも及びませんが・・・

その中で、有名どころのティーゲルやパンターに手を出さなかったのは、半端マニアの意地みたいなものです。

単にひねくれてるだけともいいますが・・・(脇役万歳!)



更に、フィギュアにもチャレンジして、あわよくばダイオラマなどやって見たいなぁ~と考えまして・・・


こんな物も買ってしまいました。

mardea3-2.jpg

一つは定番のタミヤMMシリーズ、もう一つは海外メーカー(ズベスタ製。なんとロシアのメーカー!!中身はたぶんモノグラムかも)




いやはや、ちょっといきなり冒険し過ぎですかね・・・(汗)


まあ、何事にも最初はある。


この辺にも挑戦してみようと思ったのは、今月のアーマーモデリングがフィギュアの特集だったので、これ読んで「ちょっとやって見よう」と思ったからでもありますがw



そうそう、フィギュア塗るなら必要だろうと思い、こんな物も買ってきました。

IMG_0254.jpg

拡大鏡と上質の面相筆。


とりあえず、何事も挑戦ですw





もちろん、先にVF-0をやりますよ。


0は現在、ヒケと格闘しながらサフの真っ最中です。

サフ吹くにもマスキン貼りまくりで、こちらもガンプラとはまた違った趣で苦労しつつも何かと得るものがあります。


この休暇でどこまで進むかな~?






ではでは、今回はこの辺で~


スポンサーサイト

COMMENT - 4

Wed
2012.12.26
19:23

Jonipon #-

URL

No title

「基本」ってホント大事だなぁ~って、自分もつくづく思います。
スクラッチとか改造今まで続けて、今キットのストレート組みしてるんですが、合わせ目消しとか消えたモールドやスジの復活とかって、しばらくやってなかったモンで以前より下手になっちゃってるんですよね~。
勘を取り戻すためにも、今キットを、基本に戻って丁寧に仕上げてみようと思ってる昨今です。

あと、自分はそろそろフィギュアじゃなくても普通に作る際にも拡大鏡が必要な程、目に衰えが来ています。
困ったモノです^^;

Edit | Reply | 
Wed
2012.12.26
21:36

omega.11 #-

URL

No title

>joniponさん

ほんと基本の大事さが身に染みました。
自分もストレート組みでもして、キットを一度きちんと作って見ようかと思ってます。
その上で塗装の勉強も兼ねて、塗ってみようかと・・・

拡大鏡・・・うっ。joniponさんも、そろそろ目が・・・
自分は、まだなんとか大丈夫ですが、そろそろそんな時期になってきてます。いつかは、必要になるんでしょうね・・・アレが。

Edit | Reply | 
Mon
2012.12.31
17:16

左京 #-

URL

明けてませんが、おめでとうございます。

 ぇ~~~~~~。今更「萌えはない」と言っても、その昔、「同級生2」とか言うエロゲーをうわ、何をすくぁwせdrftgyふじこlp


 …あ~、他のジャンルの模型に手を出すのは良いことだと思いますが、基本を見直すのであれば、カーモデルの方が宜しいかと。

 ぶっちゃけ、模型は表面処理と塗装で決まると私は思っておりますが、その両方を追求するのがカーモデルだからです。お知り合いの方がその典型でしょう。

 一方、戦車模型はその対極にあるモノだと思っています。ゲート処理にしかペーパーを使わないとか、そんな世界ですから(実際、今私が作っている戦車がそんな感じ)、「綺麗な」モデルを作るという点から見ると、真逆かなぁと。

 まぁ、オメガさんのいう「基本」がどこを向いているかは分かりませんが、今回の内容からしたら、戦車は今までやってきたことの延長でできるんじゃないかなぁ、と思います。それこそ、オラザク一次予選通過の陸ガンがそうですし。もっと、冒険してみても良いのでは?

Edit | Reply | 
Mon
2012.12.31
18:45

omega.11 #-

URL

No title

>左京さん

人の過去の話題を色々と話す場ではないと思いますので、そこはご了承ください。

カーモデルの件は自分も勉強すべき対象だとは思いますが、要は作り手が作りたいか?という所も大事ではないでしょうか?
やはりモチベーションは大切だと思います。
では、基本とは?
左京さんの言われたように、表面処理と塗装も重要な基本ですね。
しかしながら、それはどのモデルにもあるものだと思います。
なにも、このモデルじゃないと基本は学べないとは思ってません。綺麗系のモデルはカーモデルじゃないとできない訳でもないですし、それに自分綺麗系のモデルを作るとは言ってないですよね。
ただ、その手法や考え方が非常に勉強になるという趣旨の記事にしたつもりです。
確かに戦車模型は以前に作った陸ガンの延長である事は否定しませんし、事実そういった考えがある事も確かです。
カーモデルをやらなかったのは記事にも書いた通り、手持ちの機材の問題もあります。
そこは、むしろカーモデルを作るではなくて、カーモデルの手法を取り入れて行くと考えてます。
左京さんの言われた事も、もっともで貴重なご意見だとは思いますが、自分は作りたいから作るのスタイルを維持していきたいと考えてます。
作りたくないキットを作るのは苦行以外のなにものでもないかと・・・

まあ、左京さんほど模型に関しての知識や経験は持ち合わせてないので、ヘタレが何ほざいてやがると思われるかもしれませんが、自分の模型に対するスタンスを崩してまでといった模型作りはちょっと・・・。(だからうまくならないんでしょうねw)
きっとモチベがないので、完成すらしないかもしれませんね。
模型は完成させてナンボと自分は考えてますので。

だいぶ反論的な事書いてしまいましたが、言わんとする事は理解できます。ただ、今回は自分の想いを少し出して見ました。
一つのジャンルにこだわり続ける気もないので、もう少し自分の中で技術なり手法が身に付いてきたら、カーモデルもぜひ作ってみたいと思います。
今回は貴重なご意見ありがとうございました。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。