スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダム改修

 30, 2008 23:14
いよいよ今年も終わりです。

だが、しかし!
ジムキャノンがあと一歩のところで完成しないダメぽな俺がいます・・・orz

いやージムキャノンは足首のパテ埋め、整形も終わって最後の赤一吹なんですが、本日は雨・・・
さすがに外(ベランダ)で塗装する勇気がありませんでした。
赤吹いて、デカール貼ってクリアー吹いて終わりなのに・・・
果たして今年中(といってもあと一日)に完成すのかどうか・・・非常に怪しい!w

で、今日塗れないグダグダ感から過去素組みしたキットを眺めて、いつも思ってた事を行動にしてみました。

最近連邦のジム系列ばっかり作ってるからでしょうか?このHGUCジム系列の肩の可動に不満があり、いつも可動するように改造してました。
実はあのジムキャノンですら両肩がスイングするようにしてあるのです。(あまり意味はないと思われるが、単なる自己満足でs)
でも、まだ不満・・・
いままでの肩の改造だとHGUCのガンダムとあまり可動範囲に変わりはないのです。

そこで、更に可動範囲の拡大を!と今回は過去に素組みしたHGUCガンダムを素体に改修スタートです。


まず肩関節の軸を削りこんな形にします。
PC300027.jpg

次に胸と背中の肩関節ポリキャップ受け周辺をこんな風に切り取ったり、削ったりします。
PC300028.jpg PC300029.jpg

そして、切り取った肩上面をプラ板を利用してこんな風に加工します。
PC300030.jpg

で、首の黄色い襟の差込み部分と周りを少し削って、こんな感じに組みあがります。
PC300031.jpg

肩にそれなりの隙間はできますが、これはディテールだと自分を納得させました。O.Y.WバージョンのMGガンダムもこんな感じだったし・・・うん。ディテールだね。うん、きっとそう。

まあ、この隙間(ディテール!)も周りを組んでしまうと・・・
rx78-2-1.jpg rx78-2-2.jpg
おっ!案外目立たないです。これなら十分ディテールで通用しそうです。


そして肝心の可動範囲は・・・
rx78-2-3.jpg
右肩が改修済、左肩が未改修なのですが、かなりの差ができました。

おかげでこんなポーズもできます。
rx78-2-4.jpg

いやー。今回はうまく行った。今後はこの改修は連邦系作るときの定番にしようかと思っています。

さて、明日こそジムキャノン完成させるぞー!






























おっと、せっかく肩関節あそこまで動くように改修したんですからね。
お約束の一枚をw
rx78-2-5.jpg
失礼しましたーーーーーーw
ではでは。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ



ランキング参加中でーす

スポンサーサイト

COMMENT - 0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。