スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オラザク参加作品

 27, 2011 19:50
オラザクの結果が出てましたね。


大賞の素晴らしいジオラマには、もう圧巻としか言いようがない素晴らしい作品でした。

この方のブログはオラザク投稿直後に発見して、自分の作った作品とは次元の違う作りにしばらく呆けてみてました。

やはり大賞の作品もそうですが、入賞された方々は個々の技術もすごいですが、とにかくやれる事の引き出しが多いですね。

こういう物を作りたい!と思って構想を練る段階で、そのアプローチの種類が豊富なのが分かります。
(自分だと、このアプローチの種類はたぶん1つか2つしかない段階・・・)

もう一つ感じたのは、入賞された方の作品は、その背景にあるものを感じさせる、または作品のアプローチがしっかりしてるという事だと思います。

自分の作品のこういうところを見てくれ!と言わんかのごとく見せ場があり、なおかつプレゼンが上手い。



やはり写真選考ということもあり、その撮影方法も含めたプレゼンの仕方も大事ですね。










さて、そんな中で自分の作品は・・・


まあ、分かってはいたのですが


大轟沈!!

第三艦橋大破!!集電算室破壊!レーダー使用不能!


と言うぐらいの結果です(なにが?)


まあ、一次審査通過作品のレベルを見ただけで、こうなる事は当然というか普通でしょうw



まあ。せっかく作ったものですし、誌面ではあまりにも小さくて何がどうなってるのかも分からないでしょうから、恥ずかしながらここにUPしておきます。



orazaku-1.jpg


設定としては、ジオン残党の拠点にエコーズが突入すると言った所で

見張りのザクを倒して、突入ポイントを確保した場面です。





orazaku-3.jpg orazaku-4.jpg

建物の陰から、通路の先を伺うジェガン。

小さい画像では分かりづらいですが、LEDでバイザーの中が光ってます。



今回はLEDによる発光を少しでも目立たせたいと言う思惑と、薄暗い物陰から不気味にバイザーの光が迫ってくるという感じを出したかったので、撮影は明るさを絞って暗めの写真になるようにしました。

結果としては、狙い通りのLED発光は分かるようになったのですが、画像的に陰の部分が暗くなりすぎて、輪郭が塗りつぶされたような所も出てしまった事でしょうか。

う~ん。撮影の世界も奥が深い・・・





orazaku-5.jpg orazaku-6.jpg orazaku-7.jpg
倒されたザクと建物の陰にいる僚機、兵員降車中のロト。
ザクはあとで単体で見せますが、コクピットと武器を持っていた腕だけを撃たれて倒されてます。
特殊部隊らしく的確で無駄の無い射撃で無力化されてます。
僚機はトーチカなどの遮蔽された目標を破壊できるようにバズーカ装備にしてあります。






orazaku-8.jpg
よく報道などで見られるヘリなどからの視点。
自分的にはこの視点は全体がはっきり捉えられるので結構好きだったりします。





orazaku-9.jpg orazaku-12.jpg
これは逆に人間のからの視点。
見上げるというか、煽り視点とでもいうのですかね?
1/144スケールだからこそ、こういう視点で元の小ささを感じられないようにするのも必要だと思います。





orazaku-11.jpg 
なんか似たような画像が多いのですが、要は中のザクもある程度見せたいと思って、撮影してるとどうしても似た画像が増えてしまいました。
最初から撮影の事も考えて、MS等の配置をする必要がありますね。
ジオラマをやるのだったら、ここまでしっかりと考えをもってやる必要があると痛感しました。






orazaku-13.jpg
これはジェガンをどけたベースだけの状態。
ロトとザクはベースに固定されてます。ロトの周りの兵隊さんもですねw





orazaku-14.jpg orazaku-15.jpg
兵隊のフィギュアはHGUCのザク地上戦セットの物を小改造して、エコーズ隊員に仕立てました。小さすぎて塗るのは目がチカチカした記憶があります。







orazaku-16.jpg orazaku-17.jpg orazaku-18.jpg
2体のジェガンはどこも固定してないので、普通に動かせます。
ジェガン本体は腕の長さや形状、あと足の装甲の形状を設定画に合わせて変更してます。
ついでに足首はかかとが動くように改造してあったりしますw

更に遊び要素で、ジェガンのオリジナル武器であるアサルトライフルはドラムマガジン&グレネードランチャー仕様に変更できます。








orazaku-21.jpg
最後にザクですが、F2型のように見えますが、実はHGUCのザクから改造してF2ぽくしただけです。
ベースはザク2ですが、ジャンクパーツを色々なところがら持ってきてます。
結果的に色々なMSのパーツが付いて、まさに残党のMSと言う感じなったのかな?と思ってます。(狙った訳じゃないんだけどねw
そういえばクラッシュモデル作ったのはこれが初めての様な気がする・・・





さて、これで今年の自分のオラザクは終わったと言う気がしました。
なんかホッとしたような、結果が出せなくて残念だったというか、なんとも複雑な心境です。
もちろん最初から、なにかを狙ったわけでもないのですが、ちゃんと人に評価される作品を作らなくてはいけないなと感じてます。
来年は少し志を持って、せめて1次審査ぐらいは突破を目標にがんばっていこうと思います。



このモヤモヤした気分で買い物したら、こんなに買ってしまった・・・

IMG_3015.jpg
まだまだ、モチベーションは落ちてはいないようですw




さて、ドラッツェでもパチ組みしようw




では~






にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

COMMENT - 6

Sun
2011.11.27
21:43

へな #-

URL

No title

オラザクお疲れ様でした~!
紙面でも見させていただきました。
全体の雰囲気、好きですね~!
建物内の瓦礫なんて制作を想像しただけで疲れてきますw
改めて全てのジオラマを見ると、
「ジオラマって凄いし難しいなぁ~」
と実感いたしました(汗

ドラッツェ2体、凄いw

Edit | Reply | 
Sun
2011.11.27
22:26

ピカ #-

URL

No title

オラザクお疲れ様でした!
結果は残念でしたが、締切間に合っただけ凄いと思います。

色合いが全体的にグレーなので、全てが溶け合ったように感じます。
でもそれが市街地迷彩って気もしますw。

お忙しい中、製作本当にお疲れ様でした!

(来年は出品したいです!)

Edit | Reply | 
Sun
2011.11.27
23:03

兄さん #-

URL

No title

うん、惜しいなぁ、、、、
構成も写真も凄く良いっ!と思います、個人的には、、、
ただ、「反省点」については、ご自身が書かれているので、、、
「引き出し」について、2つ3つ書きます、、、
壊れた、ガレキの部位ですが、周りの階段とかも作りこまれていて、凄く良い感じなので、あとひとつ「表情」を加えるとさらに感度が上がると思います!
例えば、砕けた壁面のコンクリの部位から「鉄骨」がザク方向にグニャァ~っとなってるとかね!!
それと、床もこれまたよく作りこまれてて、足跡や、崩れ落ちた残骸なども凄く良い感じ、、、そんでおちたジオン公国旗は、少し大袈裟になっても、くしゃっとした感じの方が、絵が伝わりたすいかも?とか思いました、、、
(本来のスケール感よりもディフォルメが重要かもね?!)
あと、1枚「決定打」が欲しかったかなぁ?!
1体ずつの作りも良いし、画像もわかりやすい、しいて言うなら、ドライアイスを下に置き、適度にスモークをたくと、「今攻めてきた」臨場感が出て、インパクトが違うかも?と思いました、、、、
コンテストの場合、送られた「1枚目」の画像が最も重要で(特にオラザクの場合は)、その1枚が「勝負」になると思います、、、、
(理由は簡単で、編集部の人間は少ないが、画像は山盛りなんで、、、)
つまり、最初の仕分けの段階で、編集者の記憶に残る「1枚」が重要なんじゃないかなぁ?と兄さんは思います、、、、
来年もこの勢いでガンガンオメガモデリングを攻めていきましょう!!笑
(僕は、もう良い線いけると思ってるのですが、、、汗!!)
>生意気ばかりでスイマセン、おつかれさまでした!!GJす!!

Edit | Reply | 
Mon
2011.11.28
18:23

omega11 #-

URL

No title

>へなさん

ありがとうございます~。
初めてのジオラマ。初めてのクラッシュモデルという事で分からない事だらけで手探り状態だったんですが、こうしてやりきる事が出来ただけよかったと思ってます。
ジオラマは難しいけど、楽しいものでもあると自分は思いました。

次はドラッツェミーティングですね!
気負わずに楽しいもの作りたいと思います。

Edit | Reply | 
Mon
2011.11.28
18:30

omega11 #-

URL

No title

>ピカさん

ありがとうございます。
グレーの舞台にグレーのMSだと確かに目立たない部分も出てきてしまうのでしょうね。でも、都市迷彩で明るく浮いた色だとリアリティが薄れてしまう・・・
こういった所をうまく表現するのが、ジオラマ的な技術力でもあるのかもしれません。例えば、グレーの建物に何か看板のような物を設置することで、MSの輪郭がはっきりしてくるとか。

結果はともあれ、また何かいいアイディアが出たらジオラマで表現したいと思ってます。

Edit | Reply | 
Mon
2011.11.28
18:46

omega11 #-

URL

No title

>兄さん

自分のような作品に、このような丁重なお言葉ありがとうございます!

鉄骨。言われてみれば鉄骨が全然ありませんでした。
奥に向かってひしゃげた鉄骨が見えれば確かによく見えますね。
公国旗もこのアイテムの使い方をもう少し考えてみるべきでした。
踏みにじられた公国旗という事で配置してみたのですが、あまりに安易な配置だったかと反省してます。
情景に使うアイテムにも、もう一ひねりが大事ですね。

あと、ドライアイス。これは衝撃でした。
おおよそ模型とは自分の頭の中では結び付きませんでした。
しかし写真審査である以上、最高の絵を取る為にはなるほど!と手を叩きました。
考えてみれば、撮影に自然光を使ったりするのと理由は同じなのかなと思ってます。

そうそう、アーマーモデリング等の雑誌の存在は知っていたのですが、なにしろちゃんと読み出したのは、ジオラマ作ろうと決意してからでした・・・すでに手遅れだったのかもしれないけど、それでも十分参考になりました。ロトなどは、まさにアーマモデリング読みながら作ってました。

もっと知識の輪を広げなくっちゃ引き出しも増やせませんね(汗)

いや本当にためになります。

今回このような丁重なアドバイスまでいただけるとは、もう感動です。
それだけでも、オラザク参加して良かったという気がします。

次もこの経験を生かして良い物を作って行けるよう努力します。
ありがとうございました。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。