スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RMS-119 腕部と頭の改修

 03, 2011 23:56
今日で正月三箇日も終わりですね。

みなさんゆっくり過ごされている事でしょう。



自分も今日まで休み。

明日からはまた仕事が始まるので、今日ぐらいはゆっくりプラモしてましたwww(ナニカチガウ?



いいんです。

こういうのは、時間があってやる気のある内にどんどん進めたほうがいいんです!(たぶん





では、アイザックの続きです。



腕は前回からもうちょっと組み立ててみました。

RMS-119-05


上腕は迷った挙句、ジャンクからHGUCザクの物を使用していきます。

下腕は昨日までの物を組み立ててみました。

肘関節はまだ仮の物で、可動範囲と兼ね合いを付けながら作っていきます。


画像右のノーマルのものと比べて、だいぶ細くなったと思います。


上腕パイピングはまだ考え中・・・

ここをうまく処理しないと腕の可動に大きく支障をきたすため、この部分の方式を決めないと肘関節もちゃんと作れないんですよね~(汗)



とりあえず胴体に付けてみるとこんな感じに

RMS-119-06

どうかな~?

これから胴体にも手を付けていく予定ですが、とりあえずこの状態でもそれほどバランスは悪くないと思うのですが・・・

とりあえず、左腕もちゃんと作って作成方法をきちんと確立してから右腕を作ります。





次に、アイザックの一番の特徴である頭部いきます。


頭部、特に顔の部分はアイザックの物は使わず、キットの不要パーツとして入っていたハイザックの物を使用しました。

(余談ですが、アイザックのキットには普通のハイザックを組み立てられるだけのパーツがちゃんと揃ってましたww つまり、これ1つでハイザックにもアイザックにも出来るというお得なキットだったんですねw)

ついでに、頭部後方のレドームもあえて一体式とはせず分割方式にしてます。

これは、ちょっと頭部の可動域を確保するためなんですが、そこは今後作っていきます。




とりあえず、現在の頭部はこんな感じになってます。

RMS-119-07

ハイザックのものを基本に、口のダクトをHGUCザクのものを加工して装着。

口の横のブレードアンテナをキットから移植。(もちろんある程度薄く処理してます)

あとここを大きく変更したのですが、頭部横のパイプの接続部を横に大きく張り出してみました。

パイプはなんと金属パーツです。(マックスファクトリーのブラスパイプSSサイズ)

数年前(いつだったか・・・)中古市場で安く買ったものです。いつかザク系統の機体を作る時に使おうと買っておいたものが、とうとうの日の目を浴びる事に・・・(べ、べつに買ってた事を忘れてた訳じゃないんだからねっ!!)



んで、この頭部を胴体に乗せるとこんな感じです。

RMS-119-08





これに更にレドームを乗せるとこうなります。

RMS-119-09 RMS-119-10


頭部の横にパイプ基部の張り出し付けたから、頭でっかちに見えるかなと思ってたんですが、それほどでもないような・・・どんなでしょ?

レドームもこの頭部が収まるように色々切ったり削ったりしてます。




今回は比較となるノーマルの機体をもう一個買うつもりもないので、以前の素組みの画像をここに置いておきます。

RMS-119-01 <コレ、ノーマル素組みw
少しは変わってきたかなぁ?



さてさて、明日より仕事初めなので今日のようにすぐ更新は難しいとは思いますが、また進展あったら記事にします~

では、皆さんも休み疲れを残さないように、新年の仕事(学業?)頑張ってください~

では~



にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ









スポンサーサイト

COMMENT - 2

Tue
2011.01.04
18:31

へな #-

URL

No title

スッキリしましたね!
頭部の幅広髭魔人ぶりが気になる所でしたので、
理想の改修の実例を見て
おぉ~!!とつぶやいてしまいました。

コンパチキットと知って欲しくなりましたw

Edit | Reply | 
Tue
2011.01.04
22:15

omega.11 #-

URL

No title

>へなさん

頭部はキットのものより更に幅広になってしまいました。
ロートドームとのすり合わせがちょっと大変ですが、なんとか目処が立ちそうです。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。