Photo Gallery

どぉも~

やっと梅雨が明けたと言うのに、相変わらず雨の日が続いております。

今年の天候はどうかしてますね。





さて、プラモの方がなかなか進みません。

それなりに時間を割いているのですが、要領が悪いのか、それとも手間が掛かりすぎるのか、見た目に進んだ気がしないです。



しかし、大人として、展示会に出すと言った以上、締め切りは守らないといけません。

しかも、完成品を数個用意すると宣言した割には、現時点での完成品は0


ダメだろ・・・


これは、大人として、社会人としてアウトでしょ・・・・




少なくとも1つは完成品を出せるよう、作業を進めます。




で、3式戦ですが、とりあえず(と言うかやっつけ的?)に工作はほぼ終わりました。


機体の削りカスを落とすのもそこそこに、基本塗装のシルバー系を吹きました。



Ki61-11.jpg

今回は、少しでも雑な工作を目立たなく出来ればと思い、サフ吹いて軽くサンディングしてから塗装に入ったのですが、そんな事したって、やはり銀塗装。下地の雑さはクッキリハッキリと浮き出てきてます・・・orz

今回のシルバーは黒立ち上げのアルミ系のシルバーで行きました。


Ki61-12.jpg


この上から、色々と塗り重ねて行ったり汚したりして変化を付けて行く予定です。

汚し塗装で、この雑な工作が少しでも目立たなくなればいいなぁ・・・・(げふんげふn





えー・・・


今回は、ちょっと本格的?にチッピングに挑戦してみようと思います。


でも、そう思い立ってシリコンバリアーを買いに行ったら、こんな時に限ってどこにも売ってないんです・・・


とりあえず、ネットで注文して、本日の作業は終了です^^;





そうそう、こんなバタバタした作業の最中、ショッキングな事件が発生しました。


愛用のゴッドハンドニッパーを机から落としてしまい、ひょいと拾い上げると・・・


IMG_4425.jpg

見事に刃が先っちょから2mmほど折れてました・・・・orz

ボクノココロモオレソウデス・・・・


シリコンバリアーと一緒にこれも注文しようとしたところ、どこも売切れなんですね。

品切れ状態で再入荷未定だなんて・・・・そこまでとは思いませんでした。


この追い込み時期に、かなりモチベダウンな事件ですが、締め切りは待ってくれません(泣

このニッパーの供養だと思って頑張って完成目指します。





ではでは~





にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村





スポンサーサイト
むう。

ちょっとサボってたらいつの間にか7月に入ってました。

このままでは展示会に間に合わなくなるので、そろそろ本気で作業に集中しないといけませんね(大汗)




つべこべ言い訳はしません。

本当にサボってただけです・・・orz





作業は三式戦しかやってないです。

よって、さっそく作業内容に入ります^^;




まず前回のコクピットですが、完成してます。

Ki61-10.jpg


Ki61-9.jpg

市販のディティールアップパーツやエッチングパーツなどは使わずに、有り合せの物を使ってできるだけ再現してみました。

市販品のコクピットパーツなどに比べると情報量は敵いませんが、今の自分にはこのぐらいが精いっぱいです(汗)






コクピットを組んでしまえば、次はさっさと機体を組み上げて塗装へと行きたい所ですが、まだ梅雨が明けないので、今回はちょっとした試みを施してみました。

上のコクピット周りの画像にも写ってますが、2枚目の機体外装がやけにボロボロに見えませんか?


そう、今回は機体外装パネルのシワなる物にチャレンジしています。

現用機もですが、長く高G環境下や経年によって機体パネルにシワが見られるものがあります。

飛行機の外装は非常に薄いので、ビスを締め付けるだけでもその周りは微妙にヘコんだりしてしまうのです。


で、大戦中の航空機に至っては、大量生産や運用上の厳しさ、そして戦時下なので丁重な整備とは行かないという条件も相まって、非常に外装がボコボコしてる機体が数多く見られます。

当然、当時の日本軍機にもその状態は顕著にみられ、比較的綺麗な外装をしてるのは試験機か試作機ぐらいという感じでした。(あくまで資料等を見ての自分なりの主観ですが)

まあ、今回は運用中の配備機なので、それなりに使い込んだ感を出すために、あえて機体外装のシワにも挑戦してみました。

初めての試みなので、色々と違和感や工作のへなちょこぶりが目に付きますが、そこはご容赦を・・・^^;





とりあえず、キットのままの状態がコレです。

Ki61-7.jpg

非常に綺麗な外装をしています。

航空機としては理想でしょうw

でも大戦中の飛行機がこんなに綺麗なのもちょっと違和感あるので、これに手を加えていきます。


セラミックナイフなどで表面をけがいて、面に凹凸を付けていきます。

セラミックナイフの刃は立てずになるべく寝せてカリカリと。

IMG_4420.jpg

その他には、エッチングノコの持ち手部分のゆるくアールになってる部分を利用しながら機体にシワを付けていきました。

IMG_4422.jpg




これを機体のパネルごとに一つ一つ施して行くのですが、ある程度やって見た状態がこちらです。

Ki61-8.jpg

とりあえず胴体右側面だけ施してみました。

まだ試行錯誤しながらなので、汚さの方が目立ってる気がしますが、機体表面に表情が出てきました。

ペーパーである程度慣らしてはいますが、もう少し滑らかになるよう1000番あたりで慣らしていこうかと思います。

これを機体全面に施すのは、ちょっと時間がかかりそうですが、今週中にはなんとか終わらせたいところです。



しかしながら、この工作を生かすには、やはりなんと言っても塗装がキモになりますね。

ある程度構想は練ってますが、やろうと思ってる塗装法が、これまた初挑戦モノになりそうです(汗)


兎にも角にも、まずは工作を終わらせないとねw



ではでは、今月は真面目に作業したいと思います。。。。。





では~




にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村





WHAT'S NEW?