Photo Gallery

さてさて、前回復帰するにあたってネタの画像を一枚投下してあったのですが、そのネタの記事をスタートさせますよ~



とは言うものの、プラモデルとしての作業は頭部意外ほとんど進んでいません。

今回は、実作業の下準備がメインになります。



前回の最後にジェガンの画像を一枚置いておきましたが、あの画像を良く見たら、たぶん今回のネタが何なのか分かった人もいるはずです。



では、手始めにいじった頭部から行きましょう。

これが、ちょっと手を加えた今回のジェガンの頭部です。

RGM-89E-2.jpg

あら、いやだ。

ジェガンじゃなくて、リゼルの頭部じゃない?と思った方。正解ですw

なぜか頭部がリゼルを使用したものになります。

リゼル頭部の耳を切欠き、そこへジェガンDe型を作るときに余るA型の頭部メインカメラを切り取って貼り付けました。




更に、顔のカメラ部がリゼルの物だとやや広く感じたので、プラ板を利用してフェイス部の二段化加工を施しました。

RGM-89E-3.jpg

ここまで見たら、今回のネタがなにか分かりますよねw

そう、タイトルにもある通り、今回はEWACジェガンを作っていきます~!









ちなみに今回工作したのは、たったこれだけです。



あとは、何してたかというと、ボール紙を切り貼りしてました!




ええ、まさかこのままボール紙で作ってお終いなんて事はしませんよー。




EWACジェガンを作るにあたり、これはプラ板の箱組みは避けて通れないと思いました。

しかしながら、自分の今までの作例からも分かる様に、いままでプラ板箱組みなんてしたことないんですよね~


ただの普通の箱組みなら、リンク頂いているn兄さんのブログにも良い記事があるので、出来そうな気もするのですが、EWACジェガンの場合は複雑な形状の箱をいくつも組み合わせたような形なので、そう簡単にはいかない事が推察できます。


それに、これだけ複雑な形状だと、どのくらいの大きさで、どの様にプラ板を切り出して行けばいいのか見当も付きません。


そこで、自分なりに考えた結果が、段ボール紙によるモックアップの作製です。

これは、よく飛行機(実機)を作るときに取られる手法なのですが、実際に立体にしたときに判明する事が多く、問題点(マン・マシーン・インターフェースなど)を洗い出すにも大きく役に立ちます。

特に映像資料しかないものを作るのですから、立体にしたときに二次元のウソというものがハッキリ分かると言うのもあります。
二次元のウソというのは・・・・・立体にしたら、絶対に絵のようにはならないというアレです。CDA画像とかなら信用できるのでしょうけど。

まあ、本物のモックアップとは違って、木ではなく段ボール紙でやる訳なんですが・・・w



段ボール紙なら切り出しも楽で、形状が合わなかった時の修正も簡単です。

プラ板も無駄にせずに済みますし・・・


なにより、モックアップで形状をしっかり出せば、それをバラしてプラ板を切り出す時の台紙になります。

多少のズレは出るでしょうが、少なくとも大まかな形は作れると目論んでます。



で、ひたすら段ボール紙を切り出し、形状を修正しつつ、クラフトボンドで組み立ていました。





まだ完全には出来ていないのですが、全体的な形は判明するぐらいまでは組み上がりました。

RGM-89E-4.jpg RGM-89E-5.jpg

あえて半分しか作ってないのは理由があって、要は左右対称の物を作る訳ですから、プラ板で切り出す時に、この段ボール紙を台紙にして同じものを二つ作ればいいという理由からです。



まだ後方下面が出来てないのですが、ここまで作るに当たり色々な問題点(二次元のウソ)が見えてきたので、この手法は正解だったかな?と思ってます。
この問題点が、プラ板で組み立てながら判明したらかなりモチベダウンした事でしょうw



頭部のユニットのモックアップは大体終わりが見えてきましたが、このあと腕のセンサーユニットもモックアップを作るつもりですので、もうしばらくプラ作業は始まらない感じでしょうか。


早く、プラでキチッと作りたいものですが、ここは焦らずにガマンガマン・・・





このまま、サクサク作業を続けたいところですが、早速職場から特命が・・・

はい、今週からまたまた出張です。今回は関東方面らしいですが、はてさて・・・




また、しばらく更新の間が空きそうですね。




次はモックアップ作業が完了したぐらいでアップしたいですね。






では~~ノシ






にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村








スポンサーサイト
相当長い間、放置してました・・・



この間、いろいろあって集中して作業ができず、更新するにもネタすらない状態でして・・・

気がついたら年も越してました。




そのいろいろというのが


以前、親が倒れた時から考えてはいたのですが、両親、家族と話し合った結果、実家を譲り受け親と一緒に住む事になりました。

これにより、実家の改装、増築をすることになり、話を煮詰めたり、金銭的な話を付けたりとバタバタと・・・

さらに仕事環境の激変もあり、とても作り込みをする作業はできずに、結果としてブログも放置状態になってました。


しかしながら、実家の方の話も進み、いよいよ今週から工事が始まります。

予定通りいけば、春ぐらいには引っ越しになります。


今現在、住んでいる所から近い所なので、それほど引っ越しに手間はかからないとは思いますが、(なにせ子供の校区も変わらないしw)その時期が来たら、またバタバタとするのでしょうね(汗)


でも、来年高校受験を控えた子供がいますので、子供部屋を確保できたのは良かったと思います。


ボソッ ついでに模型専門部屋も確保!やったーw



まあ、とりあえずは一段落したので、以前ほどとは言えませんが、ボチボチと復活していきたいと思います。



さて、この休眠期間にしたプラモらしい事は、各種のパチ組みと、子供と一緒に参加しているミニ四駆の塗装をしたぐらいでしょうか。


まず、ミニ四駆ですが、地元に残っている同級生数人が子供と一緒に参加しているので、家族ぐるみの交流の場となり、レースに勝つために共に研鑽しています。
しばらく疎遠だった友人たちとの、共通の趣味からくる交流なので、これはやってて良かった~としみじみ思います。



で、自分のマシンですが以前作ったサスペンションマシーンですが・・・

mini4WD-14.jpg
これを綺麗に塗装しました。



mini4WD-19.jpg mini4WD-18.jpg

ステッカーなどでデコレートして実際のレースカーのイメージで仕上げてみました。

レースに使うマシンは結構コースアウトとかして、傷が付くのであまり凝った塗装をする人はいないのですが、やはり、ここは大人として、カッコイイマシンで優勝して、子供たちにを与えてみたい!という思惑があり、あえてここまで仕上げてみました。
(もちろん、この理想は優勝できればの話であって、そこがどうにも理想と現実の・・・ムニャムニャ・・・つまり、まだ勝ててません・・・・orz)

塗装剥げ対策として、クリアーの層をステッカーの段差がある程度埋まるぐらいに厚く吹いてますが、それでも完全に防ぐ事はできないでしょう。

そのうちリタッチとかが増えて、歴戦のレースマシンみたいになっていくんじゃないかな・・・・?








では、ここからはちゃんとしたプラモの話。

以前、作っていたF-35は、あるパーツの調達が出来ずに一時中断しています。

作るだけなら、すぐにもやれるのですが、やはり試したい事があるので、ここはそっと箱にしまって時を待つことにしました。
この間にもっと詳細な資料(ディテなど)が分かってくる可能性もありますしね。



で、せっかくブログも再開するのだから、新規で一つ。みなさんも大好きなガンプラでも作って見る事にしました。


なにか面白いキットでもないかな~と漁っていたのですが、なぜか今回もあのキットに!?


実際、もう作業は進み始めているのですが、まだ形にもなってないので素組み+αの状態の画像を一枚だけ貼っておきます^^;

RGM-89E-1.jpg

そう、またまたジェガンですw

別にジェガンが大好きとかそういう訳でもないのですが(量産型スキーではありますが)、やりたい事をやろうとすると、ちょうどジェガンが良かったので・・・(汗)

こいつを、いままで自分がやってこなかったアプローチで作って行こうと思います。


次の更新では、作業の進んだ姿と新しいアプローチで攻めてる状態を紹介できるよう頑張ります~。




相変わらずの作業放置、不定期更新ブログですが、またまたお付き合いください(汗)


では~



にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村







WHAT'S NEW?