Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広告出るまで放置して、しかも更新ネタがミニ四駆でごめんなさいw


ここ最近、ずっとこいつの工作をやってました。



プラモ一筋の方はあまり興味ないかもしれないけど、これも一応模型の一つという事で勘弁してくださいね。



さてさて、このブログに来られる方は、やっている人はほとんどいないとは思いますが、タイトル通り今回はミニ四駆ネタです。

懐かしく思われる方もいるかもしれませんが、ミニ四駆自体は廃れる事もなく、メーカーさんもブームが下火になってもシャーシやパーツなどの開発を怠る事なく続けていて、その甲斐あってか現在第3次ブームが来ており、非常に歴史ある趣味となりつつあります。

おかげで、そのセッティングなどの出し方も非常に奥が深く、ただパーツをつければ早くなるといった単純な物ではなく、早くなるために大人から子供まで日々研鑽の努力を惜しまず研究され続けています。


自分も子供と一緒にやり始めてから、その奥の深さに魅了されつつも少ない予算の中で細々とやっておりましたが、最近地元に大きな常設コースが設置されたのを機に、もう一歩進んだマシン作りに励むようになりました。


さて、ミニ四駆には大きく分けて二つのコースがあります。

一つは起伏のないフラットなコースを走るフラットレース。(唯一の起伏はレーンチェンジぐらい)

もう一つは起伏やジャンプなど立体的にコースを設置した、立体レース。

この二つですが、ジャパンカップなどでも採用されている立体コースの方が主流になっています。



今回、作成したのはこの立体コース向けのマシンです。


知っている方も居るとは思いますが、ミニ四駆にはサスペンションなる物は付いておりません。


ゆえに、ジャンプした時、着地でマシンが跳ね、そのままコースアウトというパターンがよくあります。


それを防ぐために、マスダンパーというおもりを使います。

mini4WD-17.jpg mini4WD-16.jpg
これがマスダンパーです。


このおもりがジャンプ時浮き上がり、着地時にボディを叩く事によって車体の跳ねを防ぐと言った機構になってます。

これによりジャンプ時のマシンの挙動を安定させるのですが、欠点としてはマシンが重くなる事。
ジャンプ時以外はほぼデットウエイト化します。

本当のレースの世界でも良く言われますが、車両が重くなっても良い事は全くありません。
加速は鈍くなり、重さによる慣性がマシンの挙動を不安定にしたりと、デメリットだらけです。

でも、このマスダンパーを付けないとレースでは勝つどころか、完走もままならないというジレンマに陥ります。



それを解消するため、今回サスペンションマシーンを作成しました。

工作方法やその特徴はネットにあるもので、自分で開発した訳ではないのですが、なかなかやりごたえのある工作となりました。


工作難度はミニ四駆界の中では高めと言われてますが、ある程度工具の揃ったモデラーならやれると思います。

ただ、一番大事なのは精度。

決まった位置に正確に穴を空ける、正確に取り付ける、などなど、それこそ0.1mm単位(もしくはそれ以下)の精度で非常に繊細な作業精度が求められます。
でないと、ホイールシャフトの取付け部やギアのシャフト部が歪んで抵抗となり、ノーマルより遅くなったり、まっすぐ走らないとかギアが破損したりします。


細かい工作の内容は割愛しますが、ネットなどの記事を参考にパーツを買い揃え、毎日チマチマと慎重に工作を進め、やっと完成しました。


mini4WD-12.jpg

上が従来のシャーシ、下がサスペンションを組んだシャーシとなります。

その工作のほとんどは切ったり削ったりなのですが、サスペンションのパーツに特徴があります。

もちろん、ミニ四駆用のサスペンションキットなるものは存在しませんので、他のミニ四駆用のパーツのみでサスペンションを自作しなければなりません。
そう、公式レギュレーションにより、すべてミニ四駆シリーズ(一部ラジ四駆などの部品も認められていますが、基本はほとんど一緒)の部品で組まないとレースに出れないのです。

mini4WD-13.jpg


いろいろな、本来の用途とは違うパーツを利用して、サスペンションを組まなくてはならないのですが、これを最初に開発した人はすごいと思います。
なんという発想力。素晴らしいですね。このシステムを組んでみてひたすら関心しました。


このサスシステムを搭載した事によりボディも多少加工しなくてはなりません。

mini4WD-15.jpg
ボディはなんでもいいのですが、加工が簡単そうだったのでこのボディ(アバンテMK-2)を加工しました。




で、加工したものを搭載したのがこちら
mini4WD-14.jpg

色々とクリアランスが厳しく、ちょっとボディの強度がイマイチ不安になるほど削り込んだりして、しかも未塗装ですが、とりあえずこれで(汗)。


その他ローラーやブレーキ、その他のパーツは手持ちのあり合わせで取り付けて、とりあえず走れるようにはしました。



効果のほどは、まだハッキリとは言えませんが、落下試験ではほとんど跳ねずに、しかも車体重量もかなり軽くすることができました。


さっそく、走行試験と行きたいのですが、なかなか常設コースのある店に行く暇がなく本格的な走行試験はできてません。

実家にあるオーバルコース(JCJC)では試走させてみましたが、本格的な立体セクションで一度走らせて、全体的なセッティングを出さないと、とてもレースには出せないですね。

とにかく一度走らせて、修正点などを洗い出して、他パーツなどもいろいろセッティングできたら、ボディを綺麗に塗装したいと思います。

今月中に走らせに行けるといいな~・・・(遠い目



久々の更新の割には、本格的な模型の話じゃなくてすみません^^;

これも、模型の一つという事で広い目で見てやってくださいw




次回は、ちゃんとプラモな話にしたいと思います。





では~




にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。