Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も残る所数時間となりました。


こんなギリギリになってからの更新ですが、ついさっきまで例の模型店で他のモデラーの方とワイワイと盛り上がってました。


いや~、今年最後の日まで模型話で盛り上がれるなんて幸せ・・・







さて、2012の総括と称して、今年の完成品を並べてみましょうw





まず、2月

ドラッツェ・カノーネ

ms-21ck-19.jpg  ms-21ck-20.jpg


MG誌の「ドラッツェミーティング」参加作品

ノリと勢いで参加しました。
川口名人のコメントが印象的でした。作りの雑さが完全に見抜かれてました。
自分の今までのやっつけ的な所をビシッと指摘されましたねw(反省






5月

x103k-36.jpg  S-BUSTER-12.jpg

GAT-X103K Scarlet Buster

HJ誌の「ガンダムSEEDカスタムコンテスト」参加作品 初の入選

これも思い入れのある作品となりました。

作成期間も自分にしては驚異的な、たったの二ヵ月!?

ただ、工作が楽しくて楽しくて、気が付いたら完成しましたぐらいの勢いでした。
(それでも終盤、トラブルでバタバタしましたが)

作成期間が短い割には、結果は驚きのプラモ人生始まって以来の初の入選!

初めてだったので、すごくうれしかったです。








次に8月

8月の完成は二体。


まずはコレ

yukikaze-20.jpg

そう!アナライザー!!







ぢゃなくて

yukikaze-15.jpg yukikaze-24.jpg

ネットコンペ酒餅3参加作品 宇宙戦艦ヤマトより「磯風型突撃宇宙駆逐艦」

昔のキット(自分が小学生ぐらいのころの再販品)をディティールアップした作品

今の目で見ても、プロポーションが非常に良好な良キットでした。

酔った勢い(レギュに酒を飲みながら作成が謳われている)で電飾を施して、さらにアナライザーまで作ってしまった・・・

更にレギュ通り筆塗りだったのですが、非常に味のある作品に仕上がったと思います。


途中の工作が泥酔して、あんまり覚えてないのが、いい思い出・・・










そして、更にもう一つ


これが、今年一番の思い出です。


試作陸戦型MS RX-79(M)オラザク2012参加作品(奇跡の一次突破)


RX-79M-2a   RX-79M-5a


RX-79M-10a.jpg


もう、これについては特に書くことはないですね。

先月、思う所はすべて書いてしまいました。


まだまだ荒い所だらけなんですが、この作品で自分の中の1つの目標は達成できました。



もちろん、これで終わりという事はありません。


ただ、自分にとっては別世界の人だけが行けると思っていた場所を、やっと末席から覗くことができたといった具合でしょうか?




現在、次はこれ以上の物を作らないと先がないというプレッシャーをヒシヒシと感じてます。



プレッシャーも感じてますが、それで作風が歪んでしまうのも嫌なので、常に自分にできる精一杯を作品にぶつけて、なにか結果が残せれば、それでいいや~~~ぐらいに考えるようになった自分も居たりしますw



ただ、いつもブログを見に来てくださる皆様に、「あいつ、去年よりはレベルが上がったな」と思われるよう努力は続けていきます。





さて、そろそろ年が明けますね。



今年一年、このような拙い記事のブログに付き合ってくださった皆様、どうもありがとうございました。

来年も、ぜひともよろしくお願いします。






みなさん、良いお年を~~~




にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
今年も残りわずかとなってしまいました。



しかしながら、VF-0の塗装はなかなか進みません。



やはり、自分の中で手順化されてないので、結構効率悪いやり方になってるからなんでしょうね。




塗り始めてから、いろいろ気になりだした所や、手を入れるのを忘れてた部分が出てきまして、そこの工作を今更ながらやってました。




まずはロケットエンジン部です。

ここはバトロイドになったときのバックパック?になる部分ですね。


ここです。

vf0d-52.jpg

キットのままでもそれほど悪くはないのですが、やはり航空機として見た場合、少し違和感があったのと、後方から見た時、それなりに目立つ(見える)部分なので、少々手を入れました。




現在見えてるフィン状の部分をやや後方へ下げて、その前にメッシュを入れてみました。

vf0d-53.jpg


こうする事によって、この部分に奥行が出て、リアル感が増すんじゃないかと言う効果を狙ってみます。


先ほどのノーマルと画像と比べて、どうでしょうか?


vf0d-54.jpg

まだ仮付け状態なので、奥行のバランスは変えるかもしれません(汗)










つぎにノーズギア室です。




前にメインギア周りをあれだけ弄ったにも関わらず、ノーズギアの事をすっかり忘れてました。(滝汗)


機首下面を塗ってる時に、気付きましたよw




で、0.3mmプラ板を細切りにしてギア室側面にペタペタと貼り付け、プラ板を刻んだ物や、ランナーに付いてる丸いダボ状の物をチョチョっといじって貼り付けたりしました。


で、とりあえずこんな感じに

vf0d-55.jpg  vf0d-56.jpg

元ののっぺりとした、ただの面だった所なので、ここに手を入れると一気にらしくなった気がします。
(しかしながら、どうせほとんど見えなくなる所なんですけどねww またもや自己満足w)


これでやっとギア室が塗れます^^;



本体色も上面を含めて、本格的に塗って行くことができそうですが、まだなにか忘れてる気がする・・・


まあ、塗りながら見つけたり、思い出しますw(手遅れじゃなければいいけど・・・(汗)




なんとか、年内にもう一度ぐらい製作記事を挙げますね。



では~~。






にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村









さあて、本日からやっと時間ができましたので、珍しく連日更新ですよ~!




と、その前に。




前回の記事の模型展示会ですが、どうも昨日テレビの取材があったようです。

テレビといっても普通の民放ではなく、ケーブルテレビの地元版なのですが・・・


そこで、長男のブルドがアップで!!?

しかも、数回映ってました。



ついでに、自分の陸ガンも下から舐めるように・・・(恥ずかしい



なんか、親子で作品のTVデビューなんてうれしいやら、恥ずかしいやら。


まあ、ケーブルテレビの番組(しかも地元版)なので見てる人は少ないと思いますけどねw




長男も満足気だったので、次も頑張って何か作ってくれる事でしょうw









さて、VF-0です。


いよいよ組まないと進まない所にきましたので、組むためにも塗装を開始しました。


今回は飛行機だけに、自分の知ってる実際の飛行機の微妙な使用感をできるだけ(自分のスキルの及ぶ範囲で)再現してみようと思ってます。




なんというか、スケールモデルだと工作3塗装7ぐらいの割合での作業になる気がします・・・



そういう訳で、今回の塗装はかなり面倒くさい手の込んだ事になりそうです。

それでもうまくいく保証はどこにもないですがw



とにかくいろいろ試すつもりでやってみます。ですから、完成時に塗装がグダグダになっても勘弁してくださいw



で、画像は今回1枚だけw(これだけでも相当時間かかりました;;)

vf0d-51.jpg

まず、パネルラインや、リベット、ダクトなどをすべてつや消し黒で塗りました。

この上に薄めの基本色をパネルラインを塗りつぶさないように吹いていきます。

その後、ハイライトを入れていく予定です。





画像はないですが、とりあえず機体下面は塗ってみました。

なんと言いますか、シングルアクションの0.3mmのブラシじゃ難しいですね。

この後、パネルごとにハイライトを入れていくのを考えると、かなり厳しそうです。

無いものは仕方ないので、やれるだけやってみますが・・・(汗)


エア圧の調整が厳しくて、塗料が粒になったり、逆に弱くて塗料がほとんど出なかったり・・・(んで強く押すと、また粒に・・・)


これも修行・・・指がプルプルに・・・(笑)




次は、もう少し進んだ画像をアップできるように頑張ります。




では~



にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村








みなさま、メリークリスマス!


仕事など忙しく、なかなかプラモの時間が取れませんでしたが、このクリスマスで一通りのイベントは終了し、やっとまとまった時間が取れるようになりました。

まったく・・・忙しい仕事も終わり、やっと休暇に入ったと思ったら、保育園の建て替え終了に伴う引っ越しとか、学校の掃除とかとか・・・・(親も大変ですわ)




んで、いつもみんなが集まる、定年された大先輩が開業した西都市の模型店「kitty hawk」に行ってみました。

理由は模型の展示会なのですが、(机二つ分の小さな模型展ですよ)そこに例の陸ガンを長男の作ったLBXブルドと共に展示しに行きました。

大人は参考出品ですが、子供の作った物は賞が出るそうですよ~。(子供がメインの展示会ですねw)



年明けまでやってるそうなので、近所の方はぜひ見に行って見てください。(場所は西都市のPAO1階にある↑で紹介した模型店前です~)



自分的には、小学2年生の作ったM4シャーマンの出来がすごくて・・・これで大人になったらオジサンは小便ちびりそうですね(汗)


そのうち写真でもアップします~





さて、宣伝はこれぐらいにして、今回はVF-0の話ではありません。


その模型店で好き者(失礼)が集まって半日ほど模型談義をしてました。


みなさんジャンルの違う方ばかりだったのですがフレンドリーな方ばかりで、色んな模型の話を聞くことができました。


その中に職場の知り合いでもあるカーモデラーの方がいるのですが、カーモデルの奥深さがしみじみと・・・

カーモデルは、ガンプラのようにあまり大きな改造と言うのはないですよね。

その分、仕上がりの美しさや細かい部分の再現度、特に塗装においての神経の研ぎ澄まされるような作業を聞き、自分は卒倒しそうになりました。

いや、他のジャンルの模型の大変さは知ってるつもりでした。

でもあくまで「つもり」だったんですよね。

それを生で聞いて、その作品を見た時、自分の知識やスキル、手法のがいかに貧弱であるか思い知らされました。


ちなみにその方が、気分転換に作ったガンプラを見せてもらったのですが、「美しい・・・」

なんと言いますか、特に改造もしてないのですよ。

ちょっとスジ彫りでディテールを足して、デカールを貼っただけのものなのですが、恐ろしいほどの存在感がありました。

なぜだろう・・・?

その答えは簡単でした。



基本です。



基本がキッチリ出来てるんです。

エッジの出し方、塗装面の塗り分けや繊細さ、そのすべてがハイレベルで出来てるんですよね。



急に自分の作品が雑で稚拙な一品に見えて窄んでしまう錯覚(いや、現実か?)に陥りました。



やはり基本は大事だと、分かっていたつもりで分かってなかった・・・


自分はまだまだです・・・




しばらくは改造は控え目にして、もう一度基本を学ぶべきかもですね(滝汗)



今回特に為になったのは塗装の手法。

いろいろなモデラーさんがいるものですから、その塗装方法は非常に千差万別。

自分は、自分のジャンルの事しか知らないんだな~とちょっと恥ずかしくもなりました。




やはり、引き出しは多い方がいい!


自分のスキルアップのためには色々なジャンルを作るべきですね。

その上でまたキャラクターモデルに戻って来れば、そのノウハウを生かす事もできますし。



と、言うわけで、ちょっとスケールモデルをいろいろやって見ようかと。



みなさんの話の中で、特に興味を引いたのが戦車模型でした。

カーモデルもいいのですが、そっちに走ると自分の手持ちの機材や塗料などではちょっと厳しそうなのと、飛行機は現在すでにVF-0(これもキャラクターモデルではあるが、その手法は他の飛行機モデルと違いはそうないので)をやってますので、今回はあえて戦車です。


昨今、ガルパンというアニメが流行ってるようなのですが、その流れに乗って「貴様もか」と思われるのは心外ですが、たまたま、この時期に戦車に惹かれた自分がいたと言うだけですw


自分の作る模型に萌えはない!キリッ

あるのはオヤジ臭だけ・・・





で、さっそく戦車のプラモを一つ購入。

mardea3-1.jpg

対戦車自走砲。マーダーⅢです。

自分、実はこう見えてもドイツの戦車はそれなりに好きでして、それなりの車両の種類を知ってたりします。(大戦略にハマってた時期が・・・)
もちろん知識的には、その筋の濃い人達の足元にも及びませんが・・・

その中で、有名どころのティーゲルやパンターに手を出さなかったのは、半端マニアの意地みたいなものです。

単にひねくれてるだけともいいますが・・・(脇役万歳!)



更に、フィギュアにもチャレンジして、あわよくばダイオラマなどやって見たいなぁ~と考えまして・・・


こんな物も買ってしまいました。

mardea3-2.jpg

一つは定番のタミヤMMシリーズ、もう一つは海外メーカー(ズベスタ製。なんとロシアのメーカー!!中身はたぶんモノグラムかも)




いやはや、ちょっといきなり冒険し過ぎですかね・・・(汗)


まあ、何事にも最初はある。


この辺にも挑戦してみようと思ったのは、今月のアーマーモデリングがフィギュアの特集だったので、これ読んで「ちょっとやって見よう」と思ったからでもありますがw



そうそう、フィギュア塗るなら必要だろうと思い、こんな物も買ってきました。

IMG_0254.jpg

拡大鏡と上質の面相筆。


とりあえず、何事も挑戦ですw





もちろん、先にVF-0をやりますよ。


0は現在、ヒケと格闘しながらサフの真っ最中です。

サフ吹くにもマスキン貼りまくりで、こちらもガンプラとはまた違った趣で苦労しつつも何かと得るものがあります。


この休暇でどこまで進むかな~?






ではでは、今回はこの辺で~


12月。


師走です・・・ほんとこの忙しさは師走と言うにふさわしい・・・


今月は初っ端から土日返上でございました~;;




まずは航空祭・・・

これの準備で忙しかったです。

しかしながら、これだけ忙しく準備した割には当日雨・・・


2012-12-02 15.29.21 2012-12-02 15.29.45
(画像は航空祭終了後、撤収時のもの)

お客さんの入りは例年より少なく5万人ほどだったそうです。


で、このイベントが終わると職場は年末進行で一気に加速、仕事以外に職場の大掃除やら何やらと、いろいろと忙しくなります。



で、そろそろ先が見えて来るかな~という頃、なにやらどこかの新将軍様が大きな打ち上げ花火を上げるとかなんとか・・・


もう、ええ加減にせいやっ!!と言いたい所です。






そんな状況ですからプラモもあまり進むはずもなく、今回はほんのちょっとだけです。




まずはメインギアの残った方を仕上げました。

文にすると一行!しかし、これはこれで時間がかかりました。

でも一度こちらで記事にしたので今回は割愛^^;



ついでにもう片方のエンジンのファンブレードも作成。

これも作業内容は前の記事とかぶるので削除^^;



あとは組める所を組んで、しっかり接着。本組みしはじめました。




この中で機首部も本組みしていよいよ塗装の準備に入るのですが、その前に風防を取り付けてしまおうと言う考えにいたり、では先にHUDを付けなくては!となりました。
(今回のメインはココ!?)


そのままHUDのパーツも付けてもつまらないので一ひねり。


機首のHUD取付け部の下に丸いモールドがあるのですが、ここはHUDに表示を出す部分で、本来はレンズ状になってます。
皆さんがよく映画などでみるHUD映像は、その上方にあるガラス板に投影されたもので、実ははその下にあるレンズ状の物が一体となったボックスこそがHUDの本体です。まあ、そのガラス板も含めてHUDとも言うのですが^^;

で、今回はその丸いモールドに穴を空けます。

そこに透明プラ棒を炙って引き伸ばし、適当な長さに切断。

さらに、その切断面をもう一度炙って、丸くレンズ状にしました。



それを先ほど空けた穴に取り付けたものがコレ

vf0d-48.jpg


流し込み接着剤を使用して、クリアーパーツが白化しないように慎重に取り付けました。




更にHUDは、クリアブルーをかなり薄めて、ブラシで遠距離から慎重に吹きました。


それなりに青味がかかった所で、装着。

vf0d-49.jpg

なんとなく雰囲気は出たかな~?といった所ですw



この後、風防の内側フレームをつや消し黒で塗り、装着。

で。で、ですよ。


この風防ですが、他の人の作例でこの風防をそのまま接着して終わってる人をよく見かけます。

でも、このままじゃ、機体と風防の間に変な隙間というか段差がくっきりと出来てしまいます。


飛行機と言うのは空気抵抗を減らすために、徹底してスムーズな気流の流れを作るようになっています。

ましてや、風防、キャノピー周りに不要な空気抵抗になる段差はまずありません。


よってここをスムーズにします。

その方がきっと仕上がりもリアルになる。(はず・・・



溶きパテを筆で根気よく塗り込み、乾燥後なるだけ自然なラインになる様に削り込んでいきます。

vf0d-50.jpg

これなら、いかにも取って付けた感がだいぶ薄らいだと思います。

このあと、800、1000番あたりでやすり掛けして終わりです。




さてさて、これで機首周りのサフも完了。エンジン部、胴体も半分はサフ完了しました。


ここから先は機体色を塗らないと組めませんね。


航空機モデルは組むセクションと塗るセクションの明確な分け目がないですよね。

むろんガンプラでも塗りながら組む事もあるでしょうが、これほどはないと思います。

塗りながら作る が、航空機モデルの基本のような気がしますね。




さてさて機体色はまだ悩んでいますが、塗り分けは説明書と同じでいこうと思ってます。



次はいつ進められるか分からないけど、某国関連の騒ぎが早く収まるか次第といった所でしょうか?



まあ、こういうキットは慌てず作るのが一番のような気もするので、どっしり構えていきますよw




今回はこの辺でw







では~~~







にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村







WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。