Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し間隔が空いてしまいましたが、モチベが低下してた訳じゃありませんw





あちこちの部位に手を入れ始めているので、作業量自体は多いのですが記事に出来るほどの形になっていないのがこの更新間隔の要因です^^;








今回は、やっとの事で頭部の形が大体決まったのでアップしてみました。




別に頭部は陸ガンそのままでも十分出来がいいので、ディテールUPぐらいでいいのじゃないかとも思いましたが、復座にするぐらい機器が増えているという設定で頭部の形状を変更、やや大型化しました。



rx-79gl-25.jpg


パッと見た目は普通の陸ガンと変わりありません。

特に前方から見たら変化がないように見えるのも狙いの一つです。(意図するものが特にあるわけじゃないのですが・・・^^;)




rx-79gl-27.jpg

変化したのは後頭部で、形状がだいぶ変わりました。

後頭部の形状に合うようにジャンクパーツを削り込んで装着、パテでスムーズ化しました。


カメラも形状変更。

より下方までも監視できるような取り付け部位にしました。




この下方を向けたのにはおおきな理由があるっ!

このMS、たぶん下方が弱点ですw

それはいずれ全体の形状が見えたときに納得できるかもしれません。

実は今は、この全体の形状を作るのに大きく時間を割かれてます。

こちらはまだまだ見せられる状態にもなってないので、全体像を見せられるのはずっと後になりそうです・・・・





話は頭部に戻りまして・・・


頭部は前後に分かれるパーツ割りなので、あえてここに1mmほどの隙間を作り前後への延長化を図りつつ、この隙間をディテールとしてみました。

同じくひさしも、これと同じ考えで前方にやや伸ばしつつ隙間をディテール化してます。


rx-79gl-26.jpg rx-79gl-28.jpg

比較する事は出来ませんが、もとのキットに比べて7~8mmぐらい後方へ大きく伸びた感じになりました。

この伸びた部分に各種機器が納まったという脳内設定ですw



頭部は大体この形のままいきます。


あとは胴体に負けないように、それなりにディテールを追加していく予定です。









そうそう、ついでにその胴体にオマケでこんな物を作ってみましたw


rx-79gl-29.jpg

スモーク・ディスチャージャー!


陸戦用だしね!

やっぱこういう小物は外せないでしょうwww




今回はこういう小物もなるだけこだわって作っていきたいですねw

時間の許す限り・・・(汗)





今回はここまで~





また進みましたら報告します。




では~~



にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
GW中はあんなに更新してたのに、仕事始まったとたんピタッと更新が止まってました。

どこもそうだとは思いますけど、GW明けはなぜか仕事が一杯ありますよね。

休んだ分働けという事でしょうか・・・^^;





ちなみに今週は夜勤だったため、昼間にチマチマと作業を進めてました。

とりあえず、なんとか記事になるぐらいまで進んだので載せちゃいます。




実は前回から大きくは進んでいません。

今回のテーマの1つに作り込みというのを自分なりに持ってきたので、まだ胴体いじってました。

まだオラザクまで日数があるからやれてるだけなんですが、なるだけこのスタイルを維持していきます。





さて、前回までの記事で胴体のボリュームアップに伴う隙間が沢山あるというのは話したと思います。

今回はその隙間の処理をひたすらやってました。


隙間から見えるメカディテールなどを作っていければと考えていたのですが、作っていて感じたのは、ほんと「センスが欲しい!!」

一度自分なりのメカディテールを入れてみたのですが、どうもチャッチィ・・・

全部やり直して、各種資料や雑誌などを参考に作り直しました。





まだ、荒削りで突っ込みどころ満載ですが、こんな感じになりました~


rx-79gl-19.jpg rx-79gl-20.jpg



あくまで内部ディテールの工作を中心に行ったので、外部装甲はまだ途中です・・・外部装甲はこのままじゃ、少し寂しいのでもう少しなにか追加します。



rx-79gl-21.jpg

側面の胸と腰の接続部に分かり難いですがシリンダ状のパーツを作ってあります。(透明プラパイプだから、全然目立たないww)

腰周りの工作は、まだこれからといった所です。





今回の工作は胴体の隙間を埋めることだったので、胴体の隙間にこんなダクト状のディテールを作ってみました。

rx-79gl-22.jpg

四角いダクトと丸いダクトが画像で見えてますよね。

ええ、もちろん普通に見ただけでは見えない部分ですともw

まあ見ようと思えば見えるところですが、ここは自己満足の域という事でw






肩の隙間には二次装甲のような感じでプラ板などで作ってみました。

rx-79gl-23.jpg

首周りもプラ板などで足すディテールを追加してます。

首周りの下側にある胴体の隙間にはシリンダー状のパーツを入れてみたのですが、無塗装なので見事に目立ちませんねw


まだ背中の方にある隙間には何もディテールを施してません。

まだ背中周りの仕様が決まってないので、ディテールを施すか、それともなにか背負わすか・・・

悩みますね~^^;






とりあえず、これに頭を乗せてこんな感じです。


rx-79gl-24.jpg


そろそろ頭もいじっていこうかと・・・



全身こんな感じでやってたら、締め切り厳しいんじゃないんだろうかと一抹の不安がありますが、いけるところまで行くだけですねw





また進展ありましたら更新します~




では~~~



にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村













そろそろGWも終わりに近づいてきました。

みなさん、予定は大体消化できましたか?

自分もなんとか県境のイルカランドへ子供達を連れて行き、親としての最低限の使命?を果たしたといった所です(汗)



その他、夕べは実家でのBBQとかやったりしたから、もう今回のGWはいいだろうと勝手に解釈して、本日はプラモやらしてもらいました。








さて、続きの陸ガンです。




前回延長した胴体が大体の形になってまいりました。

前後にも横にも大きくなったので、おいしそうな?隙間がアチコチ出来てます。

rx-79gl-9.jpg



横から見ると分かるように、前回の記事でも言ったとおり胴体中央コクピットブロックあたりが相当延びて、大きな隙間が出来ていたので、そこに1mmプラ板を貼り付けて形を整形、コクピットハッチもその分延長してます。


rx-79gl-10.jpg




どのくらいコクピットブロックが伸びたのかは、次の画像で比較しますと

rx-79gl-11.jpg

陸ジムなので厳密には少し違いますが、結構伸びました^^;






いや~、疲れた疲れた。


MGを幅増しするのだけで結構時間食っちゃいますね~。



今回の記事はこれだけ・・・・





















え?










そりゃ違うだろ   って?


















仕方ないなぁ・・・









この辺のネタも少し明かすとしますか・・・


















ハイ。

コクピットブロック延長してボディを前後左右に幅増しして、マッシブになりましたよ。はい、おしまいなんて事は絶対にないです。

自分がそんな事だけのために、こんな面倒な工作をするなんてアリエナイ。











ある人は言った・・・







コクピットには漢のロマンが詰まっている!!(ドーン!)







コクピットブロック延長でピンと来た人は多いはず。









まあなんですか・・・







こ~んな物作ってましたw

rx-79gl-13.jpg rx-79gl-14.jpg

コクピットブロック。しかも復座仕様!!
(はて?この仕様前もなにかで作ったような・・・)

アホですよね~。

どうせほとんど見えなくなる部分なんですけどね~


MGの仕様がもともとコクピットハッチの開閉が出来る仕様だったものですから・・・


しかも、MGなのでそこそこの大きさもあるので、手を抜かず作り込んでみました。



いや~。このサイズは面白いですね。




今までは小さすぎて作れなかった所や表現のしようがなかった所までもなんとか作れてしまうサイズ!


いろいろ出来るので楽しくなって、結構作り込んでしまいましたw


他の部分もこの基準で作ったら、自分死ぬんじゃなかろうか・・・^^;








このコクピットブロックを胴体へ付けちゃいます。

rx-79gl-12.jpg


ここまで作って気が付いたのが・・・


しまった。コクピットの内壁もやらないといけないじゃん!!




もう、ここまでやったら後は勢いですw





rx-79gl-15.jpg rx-79gl-16.jpg


さらにアップで

rx-79gl-17.jpg rx-79gl-18.jpg




MG怖っ!!

平気でUP画像が撮れちゃう・・・

ちゃんと作らないと、誤魔化し効かないっ(´;ω;`)




つう訳でして、ここ最近ひたすら胴体、主にコクピットをいじってました。





この調子で全身いじり倒したら、マジで逝きそうですわw











でも、MG楽しいなぁ。



このサイズはいろんな事ができるサイズなんですね。



みんながMGサイズで参加するのが良く分かった気がします。






まだしばらく胴体で遊んでそうですが、また進んだら報告します。











今回はこれにて・・・(いやマヂで






では~








にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村






今回から、新カデゴリーです~


まだ参加要綱は決まってないのですが、今年もオラザク参加を目指して一つ作ってみようと思います。




いままでは、主に小サイズ(1/144)シリーズで参加していたわけですが、やはり大きいサイズで作ったほうがインパクトがあるのではないかと考えました。
もちろん大きくなる分、細部までしっかりと見えてしまうので手抜きしっかりと作りこまないといけなくなるので、大変ではあると思いますが・・・



と言う訳で、今回は初のMGでの参加です~~
もちろん、当ブログでも初のMG製作記時となります!?(自分でもびっくりwwwMGまともに作ってなかった・・・)










では、さっそく今回の イケニエ ベースキットを紹介しましょう!


rx-79gl-1.jpg


ドーン!

陸戦型ガンダムです。


10数年前のキットとはいえ、プロポーションは今見てもそんなに違和感はないですね。流石はMGと言った所でしょうか。

ただし、可動範囲については現在のMGに比べると残念なところが多いです。つか、現在のMGと比べるのが間違ってるかw

今回は、可動工作は控えめに作り込みのほうで頑張ってみようかと思ってます。




今からこれを、あんな風やこんな風にグリグリといじってしまいます!!



もちろん、陸戦型ガンダムを普通に作るつもりは毛頭ありません。

おそらく全然違うものになる予定です。






さて、さっそく製作開始ですが・・・


MGなので、当然作り込みのポイントも増えるわけですが、その前に今回目指してる物へと形状出しからしないといけません。


まずは全体のバランスを見るためにも、胴体からバッサリといきました。







とりあえず、胴体中央から左半身をいじってみました。

rx-79gl-2.jpg



正面からだとあまり変化が分かりませんね(汗)

この状態で左半身が少し幅増しされてるのが分かるでしょうか?




では上からならどうでしょう。

rx-79gl-3.jpg


胴体中央がドーンと前に突き出してます。
コレにはある理由があるのですが、そこについては後日。
上から見ると、左半身も前後に幅増しされてるのが右と比べて分かると思います。




次は横から

rx-79gl-4.jpg


だいぶ胸中央が飛び出してますね。
このままだと下半身とのバランスが悪いのですが、もちろんそこは変更しますよw
今回は左右の幅増しより前後の幅増しがかなり大きくなってます。

肩関節もキットの物とは変更して可動範囲を広げてます。





装甲外すとこんなです。

rx-79gl-5.jpg

今時のMGみたいに、内部メカが再現されてるわけじゃないので、なにも考えずにバッサリ分割できますw
とりあえず、胴体の切断部に2mmのプラ棒を挟み込んで、その分を胴体の幅増し分としています。
ちなみに右の肩関節はキットのものです。





内部を横から

rx-79gl-6.jpg

胴体横側は前後に約5mm幅増ししてます。
肩関節はキットのままだとボールジョイントではありましたが、可動範囲が狭いのでジャンクとポリキャップなどをつかって作り直しました。







次に首

胴体を組み付け始めると、もういじれなくなるのと、もう少し首が動いた方が表情をつけ易いかなと思って、首に可動仕込みました。

rx-79gl-7.jpg

首と頭の接続は、HGシリーズの首のポリキャップがピッタリ(特にボール状のところ)だったのでその根元に可動仕込んで前後に振れるように。
さらに首のパーツ本体も一度切り離して、真鍮線やプラ材を使ってチョイチョイと作り、首の二重関節化としました。



これにより、首がここまで上を向くようになりました。

rx-79gl-8.jpg

もちろん逆にアゴも引く事が出来ます。

まあ、頭部もこれから形状を変えていくので、このままの可動範囲を確保できるかは謎ですが、なるだけこの可動域は残したいですね~







と言う訳でまだ手を付けたばっかりの状態で、なんじゃこの形は??といった感じですw

そのうち段々と全体像が分かってきたとき、この形状がマッチしてくれればいいのですが・・・(汗)






ではでは、今回はこんなところで。



では~~





追記:先日、嫁の買い物に付き合った際、こんな物を発見。

ざくとうふ ざくとうふ2

地元で販売されるとは思わなかったので、つい3個買ってしまいましたよ~w

こんな田舎でも仕入れてくれた近所のスーパーエライっ!



にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村








夕べ、撮った写真を封筒に詰めました。


これで明日発送すれば、いよいよ終わりです。





撮影に丸1日かけたのって初めてじゃないだろうか・・・


今までいろいろと間違った撮影をしてたので、その辺の反省を踏まえつつも照明は1つしか確保できずに、なんとか少しでもいい写真を撮ろうと四苦八苦してみましたが、これが一杯一杯と言う所で決めました。


こういう画像判定の写真はみなさん何枚ぐらい送ってるのでしょうか??

自分は今回はアピールの手段の1つとして、パワーポイントでプレゼン用の資料(もちろん印刷ですよw)を作って、さらに写真をA4サイズで20枚ほど(多すぎだとは思う;)詰め込んでみました。

たぶん、全部は見てもらえないとは思います・・・

だからこそプレゼン用の資料に作品のコメントを付けてアピールしたい事をまとめてみました。



まあ、今回の作品も自分らしく色々なギミックがあるもんでww

そんな遊び要素にこだわって、動くけど低品質な作品になりやすいんですけどね^^;




まあ、なんにせよ、これにてバスター君は終了。

名称もバスター改じゃ寂しいので、正式に「GAT-X105 Scarlet Buster」とします。(ちょっと命名するの恥ずかしいなww)


いや~、作ってて楽しかったw











画像は一枚だけフル形態で中途半端に載せときますw

これで雰囲気だけでも伝われば・・・(滝汗)



x103k-35.jpg




いろいろなギミックはなんとなくバレてる気がしないでもないけど、それは雑誌が出る頃に公開しますね。







さて、次のオラザクに向けてそろそろ準備をしますかね。

こっちはきっと余裕ない気がする・・・






では、構想(妄想?)に入ります~~(ヲイヲイ



にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村









WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。