Photo Gallery

超放置してました。



画像変換ソフトが調子悪くて、ブログの更新が億劫になってたんです・・・(ごめんなさい

しかし、ブログの更新はサボっても模型作りはサボるどころか、結構ガシガシやってました。





では、さっそく8月から更新されずに作った物の数々を追々挙げていきますね。




今回は4式戦「疾風」です。


これはF-20作った後、すぐ作り始めたのですが、なんと3日で完成した代物です!

カメのような製作スピードが売りの自分(ヲイ!)にしては3倍なんてもんじゃないほどのスピードですよっ!!赤い彗星も真っ青に染まりますw


キットはハセガワの1/72です。

IMG_20160818_122530_R.jpg


昔の機体は1/72にすると、とても小さいですね~


組立は特に記事にするほどもないほどシンプルで色も塗らなければ30分で完成してしまうほどです。

さすがにコクピットなどのディティールもアッサリしててキャノピー付けるとほぼ見えません。



なので今回はコクピットもアッサリ目にディテールアップで即終了です。

type4-1.jpg

これだけで胴体は貼り合せましたw





ついでにせっかくの空冷エンジンですからエンジン部はちょっと頑張りました。

type4-2.jpg

分かりづらいけど、プラグコードなど追加してディティールアップしてます。

この状態ではコクピットも少しは見えますねw自分的にはこれでも十分だと思います。



で、さっそく塗装です。

type4-3.jpg type4-4.jpg

まずは全体をシルバー系の塗装で塗りました。

これも分かりにくいですが、数色のシルバー系塗料で塗り分けしてます。(画像クリックで拡大したら分かるかな?)


この後シリコンバリアを軽く吹いて、本塗装に入ります。


普通の陸軍機色で塗るのはつまらないので、前からやってみたかった郷土部隊で変わった塗装の機体があるので、それにしました。

type4-6.jpg type4-5.jpg

そう。今回の機体は青いんです!

どうもこんな塗装の機体があったようなんですよね。

資料が少ないので機番とかは不明なんですが、部隊マークは判明してたので塗装で再現しました。

しかし、この部隊マークが今回の一番の難題でした。

普通ならマスキングでサクサクと塗れる、そこまで凝ったデザインではないのですが、なにせ今回は下地にシリコンバリアを吹いてるので、マスキングが超ヤバい!

最初普通にマスキングして塗ったら、マスク剥ぐときに周りの塗装ごとバリッと全部持ってかれました(泣

2回ほどやり直ししてやっとこさ、この状態にもってきました。

主翼前縁の黄色の部分は反省を生かしてマスキングではなく型紙を当てて塗りました。





その後チッピングや汚しを入れて仕上げていきます。

type4-7.jpg type4-8.jpg



で、アッサリと3日で完成ですw




では、完成写真どうぞ!!野外で撮影してきました。




ハセガワ1/72 4式戦闘機 キ-84 「疾風」

45年5月 宮崎都城西飛行場 第102戦隊第2中隊

type4-9.jpg type4-15.jpg


type4-11.jpg type4-12.jpg


type4-18.jpg type4-16.jpg


type4-17.jpg type4-19.jpg


type4-22.jpg type4-21.jpg



これは室内で撮った物。

type4-14.jpg type4-13.jpg



面白い色合いになった物で、光の当たり具合によっては緑っぽくなったり、青くなったりでなかなか楽しい塗装になったと思います。





やはり休暇中とはいえ、その気になれば三日でできるもんなんですねw

出来上がりにも自分なり満足してます。

要はやる気!やる気をもって作業が大事だなと痛感しました。



まだまだ、完成品はあるのでまたアップします。


次もスケールモデルになります。



今回はここまで~




画像変換ソフトの調子みてまた更新します(汗





ではまた~~~





にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村









スポンサーサイト
ブログの更新もせずに、制作過程もアップせずに、せっせと作っていた作品の第二弾です。



今回はスケールモデルですよん。




お題はこれです!

IMG_0179.jpg

ハセガワ定番キットB帯F-20タイガーシャークです。

F-20タイガーシャークは試作で終わった割には日本では某マンガのおかげで結構有名な機体ですね。

F-16との競争に敗れてお蔵入りとなった機体ですが、もし、少数でも採用していればという架空の設定に基づき製作しました。



では早速工程をサラサラと。



f-20e-1.jpg f-20e-2.jpg

まずはシートをキットの物から、ジャンクにあったACESⅡをチョイチョイとディティールアップした物に載せ替えました。

f-20e-3.jpg 

結構きれいに収まってくれました。



次に機体側のコクピット

f-20e-4.jpg

キットのままだと明らかに寂しいですよね。HUDもモールドのままだし。

ここは思いっきり近代化改修します。


f-20e-5.jpg f-20e-6.jpg

計器盤はMFDを追加してグラスコクピット化、ついでに画像では分かりにくいけどサイドスティク化までしちゃってます。

f-20e-7.jpg

ついでに後部スペースにLRUを追加。電子装備も充実してきてますw

パイロットもしれっとHMDになってますw





次に胴体です。

ここは目立たないけど大改修しました。


f-20e-8.jpg

とりあえずノーズなどをスパーンと思いっきり切断です。



f-20e-9.jpg f-20e-10.jpg

で、ノーズは1mm幅増し、インテイクも1mm拡大、テイルコーンもがっつり形を変えました。

これはレーダーがより大型のもの(APG65や66あたりでも)を乗せられるようにしたのと、エンジンをF404からF414辺りに載せ替えて空気流入量UPを狙ってインテイクの大型化、電子装備の増加に伴いテイルコーンの改修などという妄想ですw


この胴体改修が一番の手間でしたね。





ここまでやったら、とっとと塗りに入ってしまいます。

f-20e-11.jpg f-20e-12.jpg

一応実機を元にした架空機ですから、ディティールや資料などの本物に気を使う必要が全くありませんw

こだわる必要がなければ作業も早いといったところでしょうかwww




f-20e-13.jpg

ちゃっちゃと塗装を終わらせてデカールワークに入ります。

デカールもキット付属の物を中心に、他機の余りものデカールなどを利用してサクサクッと貼り付けていきます。

おっとパイロン忘れてたぜ。


キットのパイロンはあまりにもノッペリしてたので、スジ彫りなどでなんとなくディティールを追加してみました。

f-20e-14.jpg

なんだかんだで機体は完成しちゃいました。ここまで2週間ぐらい。

f-20e-15.jpg

テイルコードもなんとなくです。ここにF-20が配備された事はもちろんありませんよw




さて、装備品を積みましょうw

f-20e-16.jpg

せっかくHMD付けてるんだから9Xをランチャーに搭載。LANTIRNや航法ポッドも積んだんだし、対地攻撃仕様でベイプウェイを各種積んでみました。


これで完成です!

ん~早いw自分にしては一ヶ月そこそこで完成なんて珍しいですねww



では、架空機 F-20E ディープシャーク どうぞ~





f-20e-17.jpg

f-20e-18.jpg


F-20E これはもしF-20AがF-16との競争に敗れても少数ながら採用されていたら?というif設定での架空機です。

もし、F-20が現代でも飛び続けていたら、きっとF-16と似たような進化形態をとったのではなかろうかと想像して作りました。

レーダーはAPG65もしくは73辺りを積めるようにノーズを拡大、エンジンはF404(F/A-18Cの同じ)からスーパーホーネットと同じF414へ換装、これに伴いインテイクサイズが拡大されている。ノズルはステルス性よりは騒音低減目的でシェブロンノズル化、さらに近代化に伴い電子装備を新型へ換装。これに伴い搭載スペース確保のためテイルコーンなどが大型化改修され、機体重量増加による制動距離増加のためドラッグシュートが装備化されている。

近代化により形式はE型へと改められ、LANTIRNポッドなどの装備が可能となり攻撃能力が大幅に強化された。このためE型はディープシャーク(深海鮫)と呼ばれ、縦深攻撃可能な機体として生まれ変わった。


な~~~~んて設定ですwww




f-20e-19.jpg

f-20e-20.jpg

f-20e-21.jpg

f-20e-22.jpg

f-20e-23.jpg

f-20e-24.jpg

f-20e-25.jpg

f-20e-26.jpg

f-20e-27.jpg

f-20e-28.jpg

f-20e-29.jpg

f-20e-31.jpg





似たような写真ばっかりでごめんなさい。ちょっと撮りすぎたかもです(汗)



では、最後に野外撮影分で〆たいと思います。


f-20e-34.jpg

f-20e-35.jpg

f-20e-37.jpg

f-20e-38.jpg


以上です。いや~野外撮影はいいですね~。

クセになりそうです。





最近、作業ペースが上がってまたまた完成品が増えてしまいました。


さっき完成したのがあるので、これもまた撮影後アップしますね。


でれではまた~~~~




にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村























長らく放置してました。



べつにプラモを放置してたのではなく、ひたすら作ってましたよ。

展示会に向けてそれはもうネットなんてやる暇もないぐらい必死で作業してました。




おかげでこの短期間に完成品が二つもできましたよ~



その後、撮影をする間もなく、そく展示会に持っていったのでブログのアップも後回しになってましたが、展示会も終わり、無事作品が戻ってきたのでボチボチ撮影を始めて、やっと公開となりました。




では、ナイトシーカーの作業の続きから完成までどうぞ。






前回の作業から脚のディティールアップを行いました。


RGM-79V-36.jpg  RGM-79V-37.jpg

なにがどう変わったかは、もうあえて書きませんw以前の記事でも結構挙げましたからねw

ディテールのセンスのなさは相変わらずなので、ちょっとトホホな感じは否めないですけどね(汗)




で、もうここまで来た時点で時間がなかったので、残ったパーツを仕上げてさっさと塗装に入りました。

RGM-79V-38.jpg  RGM-79V-39.jpg


あまり表に出ない特殊戦機ということなので、設定よりは色をグレーに思いっきり振って塗って行きました。

現用戦闘機の色を数種使い調色しながら塗ってます。

地味で目立たない色ですよね~。見た目にはなんの面白みもないと思います。



でも、実戦機なんてこんなもn・・・・・そもそも・・・(以下略



で、なんだかんだでだいたい塗装終了。

RGM-79V-40.jpg

ちょっとグレーの帯を入れておしゃれしてみましたw



んで、デカール>コートでサクッと完成です。(なんつー雑な解説!)







では、完成版公開です。












RGM-79V ジム・ナイトシーカー(ヴァースキ大尉機)

RGM-79V-42-1.jpg



RGM-79V-41.jpg



RGM-79V-43.jpg


RGM-79V-44.jpg


RGM-79V-46.jpg


RGM-79V-47.jpg


RGM-79V-48.jpg


RGM-79V-49.jpg


RGM-79V-50.jpg


RGM-79V-51.jpg




以上ですw





後半時間がなくて、ろくな製作工程の撮影もしてなく、しかもつかってたコンデジが壊れてしまって買い直したりもしてたので、非常に雑な製作記になってしまいました。

もう少しやりたかった事や、こういう風なディティールもいれようとか考えていたのもあったのですが、半分もできずに強引に完成に持ってきてしまったかなと反省してます。

細かい所や、ここどうやったの?的な質問があったらコメントでもいいので聞いてくださいw(いるのかそんな人?www)


展示会があったから完成もしたし、中途半端にもなりはしましたが、やはり目標というか締切り?があるといやでも作業はしないとなりませんし、なんとか完成の目途がたってると諦める事もできませんしね。

どんなに凄いディティールを盛り込んでも、どんなに凄い改造をしていようとも、どんなにこだわって作っても、完成しないとそれは作品とは言えませんから・・・

完成出来ないモデラーの方はこういう機会に展示会に参加するのもいいかもしれませんよw



まあ、今回の反省を踏まえつつ、このナイトシーカーの派生機でリベンジしてみたいと思ってます。(いつになる事やら





ほんと最後は流しでサラサラ~と終わってしまったけど、これで勘弁してくださいw




では、お次は隠し玉の作品を撮影が終わったら公開しますね。




もうしばしお待ちください。




ではでは~








にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村




RGM-86R
 


時間が経つのが早い!


ちーと仕事がバタバタしてるとあっという間に一ヶ月過ぎてしまうんですね。




別にプラモ放置してた訳じゃないんですよ~



ナイトシーカーは目立たない地味な作業をやってました。




いじったのはココ



RGM-79V-30.jpg

ハイ、全然分かりませんねw






では、キット素組みを比較に置いてみます。



RGM-79V-31.jpg RGM-79V-32.jpg RGM-79V-33.jpg



え?ますます分からない?

うん、そりゃそーかも。。。


いじったのは足首パーツの後ハメ化と、ふくらはぎサイドのスラスターユニットです。

スラスターユニットは2mmほど大型化して、ふくらはぎとの一体化した部分を別パーツに見せるようにしました。



ええ、たったこれだけです・・・・


でも結構時間かかったんですよ・・・・



まあ、地味な作業ほど時間もかかるし目立たないもんなんですよね。いいんですいいんです。自己満足ですからっ!W







あとはリアアーマーの形状変更と大型化ぐらいですか。

RGM-79V-34.jpg

ここはもう少し手が入るかも。



前回の時点で素直進めていれば今頃塗装に進んでいたのでしょうけど、なんか気になって脚に手を入れたのが間違いなんでしょうね~。



今度こそ、苦手なディティール入れを開始していきたいと思ってます。(でもセンスないからな~

あまり期待しないでねw


RGM-79V-35.jpg



8月にはがんばって完成させまする。




今回はアッサリ目で、ではでは~







にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村




RGM-86R
 




































ぼそっ  本当はもう一つキットいじってたなんて言えないっ!><;  

f-14a-1.jpg


もう5月も終わっちゃうじゃないですか~

時が進んでも、模型作りの手は進まないomegaです><





まあ、なんだかんだ言っても少しは進んでるので、一応やってますよアピールみたいな記事上げますねw







ずばり、ここまで進んでます!

RGM-79V-21.jpg

以前とあまり変わってないないと思われるでしょうが、自分なりには変化してるんですよ~



では。作業してますアピールしますね^^^^




まず、腕。

RGM-79V-22.jpg

左がノーマル、右が改修後です。

下腕で1mm延長して、腕の前方のカバーをプラ板から作り直しつつディテールを軽めにいれました。

この改修により、キットより肘の可動範囲がちょっと大きくなったのは秘密だ!






フロントアーマーも2mmほど延長。

RGM-79V-23.jpg

もしかしたら、横幅も1mmぐらい増して、大型化させるかも。

サイドアーマーとのバランス見て考えます。






んで、バックパック。

バーニアポットをプラ板からせかせかと作りました。

RGM-79V-24.jpg RGM-79V-25.jpg


まだ、中身のノズルやらフィンは仮置き状態ですが、これから中身を詰めていきます。


RGM-79V-26.jpg

これでバックパックは形ができました。






あと、頭部

サイドのセンサーをプラ材から削り出して作りました。

RGM-79V-27.jpg RGM-79V-28.jpg

まだほとんどディテールも入ってないです。




今回、変わったのはこれぐらいでしょうか。

あまり作業してないようですが、バーニアポットの箱組みなど、同じ物を2個作るといった、自分にとっては苦手な工作(特にシンメトリー作業)だったので結構時間がかかりました。


しかしながら、一番最初の画像のように、基本の形というかパーツはそろいました。

後は全体のバランス(フロントアーマーの大型化や腕部の延長のような)や、細かいディティールアップを中心に作業して、少しでも完成度というか、見応えのあるものにしていく作業をしていくつもりです。

ディテールも自分、センスに乏しいのでどれほどのものが作れるかまったく自信はないのですが、ちょっとでも納得できる物を目指していきます。



今回は画像中心の進捗状況報告ですが、次はディティールを少しでも増した記事でいけるよう頑張ります。




オマケに元キットのジムⅢとの比較を置いときますねw変化を少しでも感じ取っていただければ幸いですw

RGM-79V-29.jpg




では~ノシ







にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ

にほんブログ村 コレクションブログ ロボットアニメプラモデルへ
にほんブログ村




RGM-86R
 




WHAT'S NEW?